マラソン速報

マラソンやジョギングに関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。コメントお待ちしてます!

PICK UP!

             

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/05(金) 13:09:28.81 ID:CAP_USER9
    青学大・原監督が見据える箱根駅伝、全国化も大賛成
    [2018年1月5日10時30分 紙面から]

    箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は4日、関東学生陸上競技連盟から
    声が上がり始めた箱根駅伝を全国化する案に賛成する考えを示した。
    往路のテレビ視聴率(関東地区)が歴代1位になるなど、「日本全国の文化」であることを強調。
    地域活性化、少子化対策のためにも、全国化が欠かせないと持論を述べた。
    今後も同連盟の全国化の動きを後押ししていく。

    2日の箱根駅伝往路の世帯平均視聴率(関東地区)は歴代1位の29・4%をマーク。
    最も低い関西でも15%を超えた。青学大を史上6校目の4連覇に導いた原監督は
    「箱根駅伝は日本全体の文化財ですよ」と話し始めた。

    主催の関東学生陸上競技連盟から、第100回の記念大会となる2024年1月の箱根駅伝から
    全国に門戸を開くとの声が出始めている。「全国化の案には大賛成します。
    国民的イベントだし、もう関東村だけの限定ではおかしい。日本全体で支える形にするべきだと思う」。
    同連盟が具体的に動きだせば、全面的に協力する考えだ。

    全国化は人口減、少子化への対策にもなる。30年後には人口が1億人を割り、
    50年後には65歳以上の高齢者が4人に1人から2・5人に1人に増加するといわれている。
    深刻な少子化。「18~22歳の大学生の人口も当然減る。
    メジャーの野球、サッカーとの競技者の争奪戦はさらに激しくなる」。
    16年リオ五輪の最高視聴率も日本勢惨敗の男子マラソンと、長距離には根強い人気がある。
    「全国化することで、今より多くの子供たちに夢を与えられる」と続けた。

    過疎化など地方の危機が叫ばれる中で、全国化となれば「地方創生」にもつながる。
    「全国の大学が箱根への強化を始めれば、各地域に野球、サッカーのような少年チームが増えるはず。
    地域も活性化し、競技人口も増加する」。
    原監督は、全国化することで計り知れないメリットがあると思うからこそ、同連盟の動きを期待している。
    【田口潤】

    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201801050000118.html
    一夜明け、4連覇を伝える日刊スポーツを広げる青学大の原監督
    no title

    266: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/05(金) 14:42:16.30 ID:joVTO3pK0
    >>1

    箱根目当てで、
    関東に有力選手が集まりすぎる傾向があるからな。
    全国化されれば、
    地方にばらけて良いのよ。

    “【箱根駅伝】出場資格を全国へ拡大?青学大・原監督「全国化は大賛成」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/06(土) 07:20:46.73 ID:CAP_USER9
    箱根駅伝(2、3日)で史上6校目の4連覇を果たした青学大の原晋監督(50)が、
    主将の吉永竜聖、エースの下田裕太、史上13人目のVメンバーとなった田村和希、伊藤雅一主務ら4年生の選手、マネジャー13人全員に
    「ハワイ卒業旅行」をプレゼントすることが5日、分かった。3月中旬に5~6日の日程で出発する予定。

    原監督は「3代目・山の神」神野大地(24)=コニカミノルタ=ら前々年度の世代に静岡・熱海旅行を、
    一色恭志(23)=GMOアスリーツ=ら前年度の世代にハワイ旅行をプレゼン

    「今年はヨーロッパに行けば?」と指揮官は“アップグレード”を提案したが、
    学生は「ヨーロッパは移動時間がもったいない。少しでも長く一緒にみんなで楽しみたい」という理由で2年連続のハワイが決まった。

    原監督の“太っ腹”なプレゼントに4年生は大喜び。TBS系人気ドラマ「陸王」に出演するなど、陸上界の枠を超えて活躍する異色指揮官は
    「金額は言えないけど、4年間、本当に頑張ってくれた学生のために使うお金は全く惜しくない」と笑顔で話した。

    1/5(金) 21:59配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000160-sph-spo

    写真
    no title

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/06(土) 07:21:46.90 ID:0FTAYyuc0
    マネージャー13人かと思った

    “<青学大・原監督>4年生の選手、マネジャー13人全員にハワイ卒業旅行プレゼント!”の続きを読む

    diet_running_man
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/11(月) 16:29:55.72 ID:aqgUjjazr
    105kg→70kg

    5年間の暴飲暴食をツケを三ヶ月で払えるとか楽勝すぎる

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/11(月) 16:30:45.67 ID:plundKEH0
    おめでとう

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/11(月) 16:30:58.59 ID:xtZr0KiPx
    やるやん

    “【朗報】ワイ、一日90分のジョギングと軽いカロリー制限三ヶ月で35kg痩せる”の続きを読む

    money_kyuuyo_kyuuryou_meisai
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/05(金) 19:06:08.88 ID:CAP_USER9
    寿命は短い。

     青学大の4連覇で幕を閉じた今年の箱根駅伝。原監督は「ライバルは他大学ではなく、野球やサッカー」と言った。今回の往復路の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)は29.5%で歴代2位。往路の29.4%は過去最高だったが、箱根のスターたちも卒業後はパッとせず、こと収入に関しては「野球やサッカー」の一流には足元にも及ばない。

     例えば、昨年のプロ野球で1億円以上の年俸は約70人(外国選手を除く)もいた。最高はオリックスの金子千尋(34)で5億円。メジャーに目を向ければヤンキースの田中将大(29)は日本円にして約24億円以上。ダルビッシュ(31)も今オフ、1年30億円以上の複数年契約が濃厚だ。サッカーの本田圭佑(31)だってACミランと契約した時の年俸は8億円弱だった。

    ■実業団での年俸は300万から600万円

     ある陸上関係者は「夢のような金額です」と言ってこう語る。
    「箱根駅伝のスター選手はほとんどが実業団に進む。年俸は300万から600万円がいいところ。元日の(ニューイヤー)駅伝で好成績を収めるとか、五輪などで日本代表になればボーナスが出るケースはある。それでも億の金を稼ぐなんて不可能です」

     箱根のスターだった青学大の“山の神”こと神野大地(24)やその後輩の一色恭志(23)に、低迷するマラソンでの成長を期待する声は多いが、伸び悩んでいる。12、14年の優勝に貢献した東洋大OBの設楽悠太(26)も、ハーフ(マラソン)では日本記録を更新(1時間0分17秒)したものの、高速コースのベルリンマラソンでも2時間9分を切れなかった。

    「フルマラソンで日本記録(男子は2時間6分16秒)を更新すれば、日本実業団陸上競技連合から1億円の報奨金が出る。それも海外でプロ契約している大迫傑(26)に持っていかれるでしょう」(前出の関係者)

     ある実業団のOBも渋い顔でこう言う。

    「日本のトラックや長距離選手は国際大会では歯が立たない。指導者は駅伝の成績さえよければクビにならないので、マラソンでアフリカ勢に勝てる選手を育てる気などない。陸上は金が全てではない。でも、『つらい練習をして安い給料ではバカバカしいから』と、
    箱根駅伝を最後に競技を終える者も少なくない。実業団に進んでも駅伝の注目度はガクッと下がり、やる気を失う選手もザラです。先月、生命保険会社とスポンサー契約を結んだ大迫にしても、契約は2020年末まで。東京五輪で結果が出なければ“商品価値”はガタ落ちです。結局、箱根のスターが一番輝けるのは箱根だけなんです」

     箱根駅伝で高笑いはテレビ局と実力大学だけか……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000021-nkgendai-spo

    “箱根駅伝ランナーの稼ぎと現実…実業団での年俸は300万から600万円”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/06(土) 10:34:48.62 ID:CAP_USER9
    今年も正月のお茶の間を盛り上げた箱根駅伝。
    陸上関係者の間では、学生たちの熱い走りはもちろん、実は彼らの足元も大きな注目を集めていた――。

    これまでの長距離界では、トップ選手用のシューズのソールは薄ければ薄いほどよいとされていた。
    ところが今大会では、多数の選手が初心者ランナー向けとも見える厚底のシューズを履いていたからだ。その秘密に迫る。

    ■厚いソールの内部にはカーボン製プレートが

    駅伝ファンの間でその厚底シューズが話題になったのは、昨年10月の出雲駅伝でのこと。
    優勝した東海大学と、4区までトップ争いをした東洋大学の主力選手たちが、こぞって見慣れぬ厚底シューズを履いて走っていたからだ。

    その正体は大手スポーツメーカー、ナイキの「ズームヴェイパーフライ4%」。
    このシューズは昨年5月にイタリアで行なわれた、マラソンで2時間切りを目指すプロジェクト「Breaking2」のために開発された「ズームヴェイパーフライエリート」の市販モデルである。

    日本の選手では大迫傑(おおさこ・すぐる、ナイキ・オレゴンプロジェクト)が愛用。
    昨年4月には世界屈指のメジャーレースであるボストンマラソンで3位に入る快挙を達成している。
    また、大迫が現役日本人最速となる2時間7分19秒(日本歴代5位)で3位となった、同12月の福岡国際マラソンでは、大迫を含む1位から4位に入った選手がすべて同シューズを履いていたのだ。

    東洋大学OBで、大迫と並び“日本マラソンの星”と期待を集める設楽(したら)悠太(Honda)は、マラソンだけでなくトラック競技でも同シューズを履いて快走している。
    昨年9月にハーフマラソンの日本新記録を樹立すると、わずか8日後のベルリンマラソンで2時間9分3秒の6位。
    さらに11月には、10000mで今季の日本人最高タイムをマークした。

    設楽は、そのシューズについて次のよう語っている。
    「今までのシューズは“薄くて軽い”が当たり前でしたが、常識を覆しましたね。
    ソールの薄いシューズだとレース後に疲労感がありますが、このシューズは疲労があまり残らない。
    (昨年の)秋にハーフ、フル、10000mと3連続でレースをこなせたのは、このシューズのおかげです」

    マラソンで好結果を出している大迫も「ソールの見た目は厚いですけど、初めて手にしたときは『軽いな』と思いました。
    実際に履いてみると、クッション性が高く、トラックでスパイクを履いているような感覚がありましたね。
    一歩一歩の衝撃も少ないので、マラソンでも後半に脚を残すことができたと思います」と絶賛している。

    ナイキによると、ズームヴェイパーフライ4%は同社のマラソン用スピードシューズである「ズームストリーク6」との比較試験に基づき、ランニング効率を平均「4%」高めることを目標として開発されたという。
    最大の特徴は、設楽と大迫のコメントにもあった分厚いソールだ。同シューズのソールは、かかとの部分の厚みが3.3cmもある。
    そしてソール内部には、スプーンのような形状をしたカーボンファイバー(炭素繊維)製のプレートが埋め込まれており、推進力を高めている。

    一部では「ドーピングシューズ」「ジャンピングシューズ」と揶揄(やゆ)する声もあるようだが、プレートがバネのような形状になっているわけではなく、国際陸上競技連盟の規定には違反していない。
    まさに新発想のシューズなのである。

    日本では昨年7月に販売開始。2万5920円(税込)という高価格ながら、ナイキの公式通販サイトでも「在庫なし」の状態が続いている。
    ネットでは倍ほどの価格での転売も
    20180105-00097354-playboyz-000-1-view


    “箱根駅伝を席巻した「ナイキ厚底シューズ」は「ドーピングシューズ」?「ジャンピングシューズ」と揶揄する声も”の続きを読む

    719291
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/22(金) 16:46:22.60 ID:0e8k5HSE0
    行くで!!!!

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/22(金) 16:46:33.14 ID:0e8k5HSE0
    冬休みに肉体改造や!

    7: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/22(金) 16:46:51.68 ID:PtM0+9u9a
    まず筋トレやろ

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/22(金) 16:47:36.72 ID:0e8k5HSE0
    >>7
    なんやと…?

    “【朗報】陰キャクソガリ大学生ワイ、いまからランニングに行く”の続きを読む

    ochanoma_happy
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/04(木) 14:14:50.80 ID:CAP_USER9
     年始恒例の日本テレビ「第94回箱根駅伝」の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は2日の往路が29・4%、3日の復路が
    29・7%だったことが4日、分かった。往復の平均視聴率は歴代2位となる29・5%と高視聴率をマークした。

     前年比、往路は2・2ポイント増、復路は1・3ポイント増。往復とも前年を上回り、大台30%に迫る高視聴率。往路は2003年の
    29・3%を上回り、歴代最高。復路も歴代3位だった。

     瞬間最高視聴率は、往路が午後1時の34・2%。5区で2位の青学大・竹石が力走し、4位の神奈川大・荻野を5位の拓大・戸部が
    追走する場面。復路は午前9時の35・7%。6区で5位の東海大・中島を6位・拓大・硴野が追うシーンと、7位の城西大・菊地を8位の
    帝京大・横井が抜いて順位が入れ替わった場面だった。

     今年は青学大が10時間57分39秒の大会新記録で史上6校目の総合4連覇を達成した。

     青学大は、往路では一度も首位に立てないまま2位に終わり、往路連続優勝は3年で途切れた。それでも、トップの東洋大から36秒遅れて
    復路をスタートすると、山下りの6区で小野田勇次(3年)が区間1位の走りで東洋大を逆転。7区の林奎介(3年)が区間新記録で快走し、
    8区の下田裕太(4年)も区間1位で独走態勢を築いた。

     4分53秒差の2位に東洋大、3位に早大が入った。日体大、東海大、法大、城西大、拓大、帝京大、中央学院大までの10校が
    シード権を獲得。昨年11月の全日本大学駅伝を制した神奈川大は13位だった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000076-spnannex-ent


    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/04(木) 14:16:29.75 ID:sgdB9UXD0
    スゲー数字だな
    そりゃ日テレ強いハズだわ

    “【箱根駅伝】青学大V4 箱根駅伝視聴率 往路29.4% 復路29.7%”の続きを読む

    このページのトップヘ