マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    駅伝

    DpYj5CwVsAAiAdi
    287: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/18(木) 08:28:22.59 ID:wRwsM62T
    箱根予選で上位でアシックスは塩尻とニャイロのみ
    他に薄底もミズノの片西だけ
    2年前までの薄底の世界だったら他に上位だった堀尾や浦野はもっと遅いだろうな
    塩尻とニャイロがハイペース作ってくれてニャイロが最後まで引っ張り続けたおかげ

    288: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/18(木) 13:05:00.56 ID:68xWk1bI
    >>287
    asicsのワンツーって凄いな

    289: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/18(木) 14:03:03.36 ID:990ZId7Z
    1位はナイキのヴェイパーフライだろ

    291: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/18(木) 14:19:17.08 ID:O5dSNEir
    >>289
    しかもキサイサシューズが合わなかったからチームメイトに借りて走ったらしいな

    “箱根駅伝予選、上位でアシックスは塩尻和也とニャイロのみ。薄底…”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:33:36.73 ID:CAP_USER9
    全日本実業団対抗女子駅伝予選会(福岡県)で、倒れて走れなくなり、四つんばいになってたすきを渡した岩谷産業の2区・飯田怜(19)が骨折していた右すねの手術を受けることが24日、分かった。

    21日のレース後に福岡県内の病院に入院したが、近日中に大阪府内の病院に移って修復手術を受ける。このアクシデントを「美談」とする風潮について、同チームの広瀬永和監督(53)は「これは美談ではない」と指摘した。

    19歳のランナーが、近日中に手術を受けることが判明した。岩谷産業の広瀬監督は、飯田の状態について「骨が折れた状態なので、修復する手術をします」と説明した。飯田は右脛骨(けいこつ)骨折で全治3~4カ月と診断されて、福岡県内で入院。レースから3日後のこの日までに手術が決まり、近日中にチームがある関西の病院で移る。

    アクシデントは21日だった。飯田は残り200メートルで走れなくなり、四つんばいで進んだ。映像を見た広瀬監督は「やめてくれ」と棄権を申し出たが、コース上の審判員は本人の続行意思を聞いてストップをちゅうちょ。再度、同監督に意思を確認した。答えは同じだったが、タイムラグがあって飯田は両膝をすりむきながらあと約15メートルに到達。審判員は見送ってしまった。

    広瀬監督はこの日「審判長が止めるとか、医者が止めるとか(基準が)大会によって、ではなく、誰が止める権限を持つのかはっきりしてもらいたい。統一のルールを決めないとダメだと思う」。

    棄権はコース上の審判員に“差し戻された”形で、結果的にチーム側の2度にわたる棄権要請は実現せずレースは続いた。同監督は「(チームの申し出が通らず)大会側が止める権限を持つなら大会側でもいい。ただ(続行による結果への)責任を持ってください」と指摘した。

    飯田のアクシデントは「感動した」「止めるべき」と賛否両論を巻き起こしている。当事者の広瀬監督は「これは美談じゃない。200メートルも膝を引きずって今後どうなるか。影響があるのか、本当に復帰できるのか。
    今の時点で何ともいえない。それを『頑張った』とか『美談』とかいうのは…。アスリートファーストを考えると、ちょっと違うのではないでしょうか?」と違和感を口にした。

    20181025-00371719-nksports-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00371719-nksports-spo
    10/25(木) 4:47配信

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:40:12.66 ID:wiqgeZ/k0
    監督がストップさせればよかっただけの話しじゃないの?

    8: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:41:13.25 ID:oDM5WzDk0
    >>6
    ストップと運営に伝えたがタイムラグが数分あって本人に伝わらなかった

    34: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 07:01:18.66 ID:Vxi47hlC0
    >>8
    事実は170m前時点で伝わってたらしい
    隣の審判員(70代男性)がずっと頑張れって声をかけ続けてたし、続けさせた

    脚のスネの骨が折れたら絶対安静なのにヤバすぎる

    “岩谷産業・広瀬監督「大会側は責任持って」 女子駅伝、飯田怜選手は手術へ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 16:09:46.96 ID:CAP_USER9
    青学大陸上競技部の原晋監督(51)が22日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。21日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝(11月25日、宮城県)の予選会で、2区の岩谷産業・飯田怜(19)が第2中継所200メートルほど手前から、はいつくばりながらたすきをつないだ件についてコメントした。

     3区にたすきをつないだ場面の映像を放送した後で感想を求められた原監督は「これはもう、駅伝の光と影を見ましたよね」と切り出し「やっぱり仲間の絆。これを、たすきが渡らなかったら次の走者は失格になりますからね。影のほう『ここまでやらなきゃいけないのか!』というようなね。視聴者の方も感じた方もいらっしゃると思いますけど。でもこれが駅伝なんですよね」と語った。

     はいつくばってまでたすきをつなぐことについて、原監督は多くの社会人チームでは合宿所で共同生活を送っていることを紹介し、「夏合宿ともなると何十人も1カ月近く同じ屋根の下で強化合宿をしていますけど、苦しいことも一緒にやってきた仲間の意識が強いんで、ただたすきを渡すだけではなくて、そこには家族としての。個人競技だったらまずやめていますね」と駅伝の特徴を語った。

     飯田がはいつくばった200メートルの様子について、白線の上を選んで進んでいる冷静さを指摘しつつ、原監督は「これで終わっちゃうと棄権なので、チームとしての成績がなくなるというようなところ。『じゃあ仲間と1年間頑張った努力は何だったのか』というのはありますよね」と胸中を推測。「会社の社員の皆さん、チームにはトレーナーと栄養士さん、監督・コーチ、家族、すべてが、皆さんの支えがあって(選手は)この駅伝に出させてもらっていますからね。ただ、決して一人で背負わないで欲しいですよね」とおもんばかった。

     同日の大会では、3区で三井住友海上・岡本春美(20)が棄権となった。番組では、岡本が走行中に蛇行をはじめ、途中棄権となるまでの経緯を紹介。原監督は「そろそろルール改正といいますか、申し合わせ事項というものを作らなければいけない時期にきている」と語り、気温の上昇で大会中にアクシデントが起こりやすくなっていると指摘した。

     箱根駅伝ではルール改正が行われ、昨年から選手の状態を知るために選手の体に触れても良いと明文化されていることを紹介し、この女子駅伝を主宰した実業団連盟に向けて「次年度以降のルール改正を話し合うべきタイミングだと思います」と提案した。

     飯田はレース後に右脛骨の骨折で全治3~4カ月と診断された。

    20181022-00000560-sanspo-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000560-sanspo-spo

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 16:10:13.62 ID:STth/+AP0
    ● 骨折 → 内部の骨髄が血中へ → 脂肪塞栓で肺の血管が詰まる → 肺梗塞で突然死の可能性
    ● 脛骨骨折=内出血量500mL以上。動ける状況じゃない。
    ● 血管や神経の損傷があれば後遺症が残る。

    腓骨はどっちでも良いが脛骨は死ぬぞ。これがあるから止めるんだよ。選手を殺す気か!!!!
    原監督って、スポーツ医学の知識まるでないじゃないか!!! 笑うなボケ!!!

    98: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 16:43:37.06 ID:awOyz0Bh0
    >>2
    絆とかのレベルじゃねえな。強引にでも周りが止めるべきだった

    “青学大・原晋監督「これが駅伝なんですよね」 女子駅伝アクシデントに言及”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 19:01:00.64 ID:CAP_USER9
    no title


    10月21日に開催された全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会『プリンセス駅伝』で、岩谷産業の飯田怜選手がゴール直前で走れなくなり、膝を血だらけにしながら這ってタスキを繋ぐシーンが物議を醸している。

    飯田選手は走行中に転倒。岩谷産業の広瀬永和監督は大会運営に棄権を申し入れたが、コース上の役員にすぐには伝わらず、伝わった時には、残り15メートルで飯田選手が動いていたため、止めずに見守ったようだ。

    10月22日の『バラいろダンディ』(MX系)では、このニュースに武井壮さんが持論を展開した。(文:石川祐介)

    ■「審判が『そのまま行かせてあげたい』っていう気持ちがあったっていう心情はわかる」

    この件について感想を求められた武井さんは「チームの監督が棄権の指示を出してる。監督は選手の健康だったり、その後の競技のことを考えて、一つのレースよりも重要なものがあるから正しい判断をしたと思う」と監督の対応に賛同する。

    続けて、「伝達が遅れて、残り15メートル。目の前にラインがあるところで審判が『そのまま行かせてあげたい』っていう気持ちがあったっていう心情はわかる」と飯田選手を止めなかった役員に同情する武井さん。

    また、「懸命にタスキをつなぐ姿に感動した」といった賞賛の声が多く寄せられたことには、

    「美談かと言えば美談ではないと思います。疲労骨折とかでコンディションを作ってこられなかったわけだし、本当だったらそのままゴールまで行けたのが一番美しいこと。これを『いい話』って言うのは良くない」

    と違和感を口にした。

    ■「明確なルールを決めるべきだが難しい」

    今後の課題として武井さんは

    「こういう事が起きた時に個別の案件で、柔らかく見てあげる目も必要。でも、選手達の健康とかを考えると、1つ明確なルールを決めるべきだと思う」

    と臨機応変に柔軟に対応できるようにしつつも、「こういう場合には必ず棄権させる」と明確なルールを整備する必要があると話す。ただ、

    「もし、後ろを走る先輩の中に、今日引退の選手がいたらって思いがあって、『10年走ってきた最後を私が』っていう思いがあると僕も止めづらい。だから、1つの答えは言いづらい」
    「例えば、これが数百メートル手前だったら、あそこまでになったけど、10メートル手前だったら(多くの人の意見は)『行かせて』だと思う。(骨折したら棄権になると)ルールで決めてたら、1メートル手前でもそこで骨折したら終わりだし」

    と許容と規制の範囲をどのように設けるかは難しいと語った。

    2018.10.23
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=61190

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 19:02:22.12 ID:uaf/fA8v0
    じゃあお前が現場にいて止めることできんの?

    7: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 19:07:26.80 ID:cD6B/y1N0
    明確なルールないのに今までなんとなくやってたんだな

    “武井壮、女子駅伝の四つん這い騒動「美談ではない」 調整不足の指摘も”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 09:37:11.74 ID:CAP_USER9
    no title


    高須クリニックの高須克弥院長が22日、ツイッターを更新し、女子駅伝で岩谷産業の飯田怜が両手、両膝をついて約200メートルをはう状態でタスキをつないだことに「僕なら選手の闘志を尊重してドクターストップはしない」と持論をつぶやいた。

     膝から血を流し、はいながら前へ進む衝撃的な姿は、各所から賛否両論が沸き起こっているが、高須院長は医師の視点から言及。飯田は右脛骨を骨折し全治2~3カ月の重症だったが、高須院長は「脛骨の疲労性骨折なら選手の意思ではってリレーの目標を目指すのは悪くない」とつぶやいた。

     「整形外科のドクターが診察すれば視診と触診で瞬時に判断できる」と、専門家ならば辞めさせるべきか、はって前進は可能かどうかの判断はつくと明言。「僕なら選手の闘志を尊重してドクターストップはしない」とした。

     また当日は、広瀬永和監督が棄権を申し入れたが離れた場所にいたことから現場での連絡がうまくいかず、時間がかかってしまったという。高須院長は「監督ではなく、スポーツ医の判断を仰ぐべきです」とし、「格闘技ではドクターストップが一番パワーがあります。僕はK格闘技のリングドクターも仕事です。選手に闘志があり、ドクターが安全と判断したら試合は続行させます」と自らの経験を踏まえた意見をつぶやいていた。

    10/23(火) 9:31
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000034-dal-ent


    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 09:40:04.32 ID:0FnNEyKV0
    >>1
    欧米人でもいろんな大会で大ケガしても試合やレースを全うしようとした選手いっぱいいるしな
    何でもかんでもパワハラだと言ってたらそのうち日本は終わるぞ
    このパワハラ連呼すら外国の陰謀かもと邪推する声も聞こえてくるもんな

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 09:40:34.56 ID:lUzFo9Lw0
    けが人が出るほうが医者は儲かるからな

    “高須院長「僕なら闘志尊重、ドクターストップはしない」 四つん這いの駅伝選手に”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 07:57:13.45 ID:CAP_USER9
    21日の第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」の2区で、右脛(けい)骨を骨折した岩谷産業の選手が、中継所まで約300メートルをはって進んだアクシデントを受け、主催の日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長は22日、「今まで以上に選手の安全を第一に考えた大会運営を実施する。レース中の連絡方法などを検証し改善策を講じる」とコメントを発表した。

     骨折したのは岩谷産業の飯田怜(19)。大会本部によると、飯田は倒れた後も競技続行の意思を示した。同連合を通じてアクシデントを知った岩谷産業の広瀬永和監督は途中棄権を申し入れたが、審判に伝わった時には中継所まで残り20メートルほどになっていたため、審判は制止しなかった。飯田は結局、倒れてから5分以上かけて中継所にたどり着いた。その後、全治3~4カ月と診断された。

     岩谷産業広報部は22日、「監督の棄権要請にもかかわらず、結果として最後まで競技が続行された。誠に遺憾で、再発がないように運営の改善を願う」とコメントを発表した。

     また、3区では三井住友海上の岡本春美(20)が脱水症状を起こして何度も大きくふらついた後、コース脇の草むらに倒れ込み途中棄権した。同連合は、岡本のケースも含め、チーム側と大会本部や審判との連絡の取り方のどこに問題があったのかを検証する。

    20181022-00000048-mai-000-view
    10/22(月) 18:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000048-mai-spo

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 08:02:15.43 ID:cboAWlhZ0
    本当に連絡方法の問題か?
    決断か遅かったんじゃないか?

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 08:02:27.94 ID:gIt6i9C40
    運営とTV局がひどすぎ

    “実陸連、レース中の連絡方法見直しへ プリンセス駅伝で骨折も競技続行”の続きを読む

    DqGoxHfUcAU9uBE
    105: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 00:24:00.21 ID:/xuKYVSp0
    棄権したら、次のランナーがそこまで戻ってタスキを渡すルールにすればいいのに

    2000: 以下、マラソン速報がお伝えします 2018/10/23(火) 00:21:09.75 ID:marasoku
    “実在した駅伝ルール『棄権地点まで“次の走者が引き返して”襷リレー』 宗茂氏が紹介”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:50:05.66 ID:NgFx+KVO0● BE:299336179-PLT(13500)
     福岡県内で21日にあった実業団女子駅伝で、選手が約200メートルをはって進み、次走者にたすきをつなぐ場面があった。
    監督は棄権を決めたが、現場に連絡が伝わるのに時間がかかったという。その後、選手は足の骨折が判明。称賛の声の一方、陸上競技の専門家は「早めに棄権できていればよかった」と指摘する。

     アクシデントがあったのは、全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津)。福岡県宗像市と福津市の6区間計42・195キロのコースの第2区(3・6キロ)で、岩谷産業(大阪市)の10代の選手が転倒した。
    選手は中継所までの約200~300メートルを四つんばいになって進んだ。右足のすねを骨折していた。すりむいた両ひざから血が流れ、中継所で待つ選手は涙をぬぐった。

     沿道で応援していた男性(84)は、周囲の人と「がんばれ」と声をかけ続けたという。「責任感の強い選手。大したものだと拍手を送りたい」。一方、中継所でたすきを渡す場面を見た男性(77)は「まだ若く、将来性もある。本人の気持ちもわかるが、止めるべきだった」と話した。

     大会を主管した福岡陸上競技協会の八木雅夫専務理事によると、審判を乗せた監察車は転倒した選手の前を走っていた。異変に気づいた審判が近寄って声をかけると、選手は「(中継所まで)あと何メートルですか」と聞いてきたという。

     監察車には、主催する日本実業団陸上競技連合の関係者も同乗していた。関係者が発着点で中継を見ていた岩谷産業の広瀬永和監督と電話でやりとりしたところ、監督から「やめさせてくれ」と棄権の意思を伝えられた。同連合の鎌倉光男事務局長によると、それから審判への連絡に時間がかかり、棄権の意思が伝わったときには中継所まで残り20メートルほどになっていた。審判はレース後、「止めるかどうか迷ったが、もうすぐだからという気持ちだった」と話したという。

     岩谷産業広報部によると、選手は福岡県内の病院に搬送されて入院した。同社には「感動した」という称賛の声の一方、「なぜ止めなかったのか」といった批判も寄せられている。同社は「誠に遺憾であり、こうした事態の再発がないよう大会運営の改善を願う次第です」とコメントした。

    AS20181022004900_comm
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000085-asahi-spo

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:50:20.01 ID:NgFx+KVO0
    頑張りを認めてやれよ

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:51:48.96 ID:FD+s5UHc0
    感動ポルノ

    401: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 03:32:43.90 ID:qxTJb3ua0
    >>3
    まあまあかわいかったし
    まさにこれ

    “【プリンセス駅伝】監督からの棄権コール、審判が判断迷いレース続行”の続きを読む

    このページのトップヘ