マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    キプチョゲ

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 19:44:51.59 ID:JrT+ShsF9
     国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長が強行決定を下した東京五輪マラソン・競歩の札幌移転について「大半の選手が賛成している」と発言したことをAP通信などが報じたことを受け、移転のきっかけとなった酷暑のドーハ世界選手権男子50キロ競歩銅メダリストのエヴァン・ダンフィー(カナダ)が自身のツイッターを更新した。「これらの大半の選手はどこにいる?なぜ彼らは声を出さないのか?」と怒りを綴った。

     AP通信などによると、バッハ会長は札幌移転に批判的な選手について「1つ2つ反対はあったようだが、札幌に移すことに不満を抱いているアスリートは、彼らがより上手く熱に対応できるからだ」と一蹴。「すべてのアスリートの健康を守る責任がIOCにはある」と理解を求めた。

     ただ、決定直後から「IOCの偽善」と批判してきたダンフィーは「そうです。準備にお金と時間を費やしてきた。この決定の正しさを証明するものを提供せずに、はしごを外されるのはイライラする」と、激怒。「IOCはアスリートのことを気に掛けてない。私の間違いを指摘してみろ」と、綴った。

     また、リオ五輪20キロ競歩6位のトム・ボスワース(英国)も自身のツイッターで「彼(バッハ会長)は札幌がどこにあるか知ってるの?東京と同じぐらい暑いかもしれない」と、指摘。「選手は正当な理由もなく、五輪から800キロ離れた場所に移動することに怒っている。IOCの傲慢だ」と、激しく批判した。

    2019.11.19 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/general/2019/11/19/0012890298.shtml
    no title


    関連スレ
    【五輪マラソン】IOCバッハ会長、札幌反対は「ほかの選手よりも暑さ対策ができ、恩恵を受けようとした選手たちだ」【正論】
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574154672/

    9: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 19:49:19.86 ID:6jn8hDh70
    暑さに強い選手はそりゃ不満だろうなぁ

    13: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 19:52:38.06 ID:8KYTd4Tj0
    そりゃ全ての有力選手が東京を視野に入れて準備してきてたわけだしな

    “IOCバッハ会長の「大半の選手賛成」発言に海外選手激怒…「どこにいる?」「傲慢」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 09:23:36.03 ID:wjucVlIk9
     男子マラソンで2時間1分39秒の世界記録をもつケニアのエリウド・キプチョゲ選手(35)が16日、首都ナイロビで朝日新聞の取材に応じ、来年に迫った東京五輪のマラソンの開催地が猛暑を理由に東京から札幌に変更になったことについて「(選手)全員にとってより良い決定だ」と歓迎した。

     キプチョゲ選手は、参加したスポンサー企業の式典の合間に朝日新聞ケニア人助手の取材に答えた。「開催地変更は、国際オリンピック委員会(IOC)が決定したことだ」と述べ、従う姿勢を見せた。

     その上で、「東京五輪に出場する全選手は、同じ暑さ、同じ苦痛を感じることになる。条件が同じなら、天候についての不満は全くない」と強調した。(アディスアベバ=石原孝)
    20191117-00000006-asahi-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000006-asahi-spo

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 09:27:10.77 ID:xAAENXTH0
    まぁそうだろうな
    東京の方が良かったと訴えてるのは日本人選手だけ

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 09:27:27.11 ID:xtwY9p590
    東京対策をまだ本格的にやってない選手はみんなそういうだろうな

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/19(火) 09:30:46.24 ID:2zJMRwFJ0
    選手は歓迎してないとは何だったのか

    “キプチョゲ、五輪マラソンの札幌移転を歓迎 「(選手)全員にとって良い決定」 ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/07(木) 11:48:24.95 ID:b8gYNg7r9
    マラソン2時間切り、最新靴のおかげ? 国際陸連も調査
    2019年11月7日11時00分
    c_AS20191105002863_comm
    https://www.asahi.com/articles/ASMBT63HPMBTUTQP01G.html?iref=comtop_8_01

     オーストリアで行われたイベントで、男子マラソンの世界記録(2時間1分39秒)を持つエリウド・キプチョゲ(35)=ケニア=が非公認ながら2時間切りを達成した。しかし、ペースメーカーなど特殊な補助を受けていたため評価が分かれている。今後の注目となる公認レースでの偉業達成に向けて、議論は白熱しそうだ。

     イベントは10月12日、ウィーン市内であり、風よけになる木立が並ぶ約10キロの直線コースを往復した。先導する電気自動車が2時間を切るペースを維持。ペースメーカーが交代でキプチョゲの前後を走り、空気抵抗を減らしたり、補給のドリンクを渡したりして快走を補助した。気温、湿度など理想的な気象条件で行うためスタート時間などを直前まで見極めた。記録は1時間59分40秒。特殊な条件で走ったため、公認はされない。
     キプチョゲは2017年にもイタリアの自動車レース場で挑戦し、2時間0分25秒だった。今回はその時より45秒、18年のベルリンマラソンで出した公認世界記録より1分59秒速かった。
     イベントでの補助はどれだけの効果があったのか。
     ワシントン・ポスト紙は「コースやサポート、天候や用具が準備されていたが、42キロを走るきつさは同じ」という専門家のコメントを引用した。英タイム紙に紹介された英ブライトン大学のヤニス・ピツィラディス教授の評価は「フェイク・サブ2(偽物の2時間切り)」。ピツィラディス教授はイベントの原型となるプロジェクトを立ち上げ、今回の記録達成にも貢献した特殊なスポーツドリンクを開発している。
     ピツィラディス教授は朝日新聞の取材に対し、「ペースメーカーは目立ったが効果はあまりなかった。最大の要素は最新のシューズ」と指摘する。
    ■カーボンファイバ…

    残り:879文字/全文:1604文字

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/07(木) 11:49:34.77 ID:4It95qVV0
    ドクター中松のアレ

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/11/07(木) 11:51:43.59 ID:qPXptA8i0
    ナイキのやつだっけ

    “人類初“マラソン2時間切り”、最新靴のおかげ?国際陸連も調査”の続きを読む

    168: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/26(土) 20:49:05.61 ID:5SOptQv4
    衝撃告白 マラソン界のエース大迫傑が“薬物のモルモット”疑惑
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00000002-friday-spo
    20191026-00000002-friday-000-view

    ’13年からNOPでトレーニングを受け、マラソン日本記録も更新した大迫選手。今回のドーピング事件に彼が巻き込まれることはないのだろうか。

    「サラザールは選手に理由を知らせずに医師と組んで投薬を行った。スグル・オオサコも他の選手と同様にサラザールのモルモット(実験台)として利用されていた可能性は非常に高い。ただし、そうであっても彼はまったく悪くない。あくまでもNOPの組織に組み込まれていただけなのですから」(マグネス氏)

    とはいえ、今回の事件が大迫選手の選手生命に悪影響を及ぼすような恐れはないのか。ノンフィクション作家の後藤正治氏は、こう嘆息する。

    「ドーピングに関しては欧米と日本の文化的背景の違いも大きい。日本は選手も一般社会もドーピング=忌避すべきものという拒否感覚を普通に持っていますが、欧米では薬物一般に対するハードルは日本より低い。海外で活躍する日本選手はこうした背景を理解し、注意すべきです」

    巨額マネーが動く世界の陸上界には魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)している。よほど注意しないと、とんでもない事件に巻き込まれる恐れがあるのだ。

    『FRIDAY』2019年11月1日号より

    169: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/26(土) 21:07:30.07 ID:KkaF61P5
    >>168
    こんな記事を書かれたら選手は努力と記録を全否定されてるようなもんじゃねえか
    たまったもんじゃない
    白だったら訴えられる?

    170: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/26(土) 21:18:36.38 ID:8WoiU7nY
    >>169
    大迫は早い段階でサラザールから距離を置いたというか、ピートジュリアンと二人三脚になったのも、何かサラザールから危険な雰囲気を感じ取ったのかな。

    186: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/27(日) 08:32:31.70 ID:An02hWG4
    >>170
    サラザールが徐々に一線を退いて一軍しか見なくなったからだと思うが
    まあ結果的にそれで助かった感はあるな

    “FRIDAY「大迫傑が“薬物のモルモット”疑惑」”の続きを読む

    w_os2wbT
    403: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/20(日) 08:49:22.07 ID:W8A/lvom
    一番よく分からないのが大会を開くことで世界との差を縮める?何だそりゃ。
    高速レースにしてタイム差を縮めたいってこと?無理矢理タイム出す仕組みにするのはいいが、それだけで世界との実力差は縮まらないだろ。

    406: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/20(日) 08:52:25.19 ID:4AhfgOd7
    >>403
    心理的な壁を崩すとかじゃない?
    キプチョゲも2時間25秒で走ってからどんなペースになっても大丈夫って自信を持ってレース出来てたって言ってたし

    412: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/20(日) 08:59:49.39 ID:2byFeHb+
    >>406
    だったら尚更WMMでいいだけだからな

    “大迫の「大会創設で世界との差を縮める」ってのがよくわからない”の続きを読む

    654: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 13:16:39.26 ID:u61wLpU0
    ついに?
    IAAF to Investigate Nike's ZoomX Vaporfly Following Multiple Broken Records

    image_2019_10_nike-zoomx-vaporly-marathon
    https://hypebeast.com/2019/10/nike-zoomx-vaporfly-iaaf-investigation-unfair-advantage-sub-two-minute-record-marathon

    655: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 13:26:09.25 ID:mry+XdfS
    でもIAAFがオッケーだしてるのにその後禁止になったらメンツ丸つぶれだと思うけど。

    656: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 13:59:18.74 ID:l1G63mkI
    1回OK出しても後で禁止っていうのはよくある話

    663: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 20:21:25.67 ID:ZH0DfxIq
    冗談とされてたインチキシューズ扱いが本当にインチキシューズということになるのか
    本当にレーザーレーサーの道をたどるの?

    665: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 20:27:25.88 ID:2L9fe2Ze
    >>663
    何にも違反してないし国際陸連が認めてるから規制とかねーよって人たまにいるけど、よく比較されるレーザーレーサー(とそれを発端に加熱しまくった各社の高速水着)事変も、きっちり”当時の“ルールに則った水着だったからね
    水着と違って物の設計自由度が高い分、水着の時ほどではないとはいえ、悲しいけど同じ道を辿る可能性は十分にある
    水着規制当時まさに水泳やってた自分の意見です

    “国際陸連、ナイキ『ヴェイパーフライ』を調査へ…ついに厚底シューズ規制へ?”の続きを読む

    391: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 18:15:27.26 ID:1YXIttVQ
    川内優輝「組織委員会に非がある」東京五輪マラソン札幌開催案
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/17/kiji/20191017s00057000225000c.html
    20191017s00057000224000p_view

     20年東京五輪の男女マラソンと競歩のコースについて、国際オリンピック委員会(IOC)が札幌開催を検討していることについて、男子マラソンの川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)が言及した。

     夏の東京が厳しい環境になることを考慮し、「札幌になれば多くのアスリートにとっていい決定と思います」とコメント。その上で「東京五輪を目指して何年もかけて真剣に準備と対策をしてきた、日本など一部の選手ほど無駄な時間や無駄な夏を費やしたことになるのは皮肉ですね」と話した。

     昨年、暑さ対策として日本でサマータイムの導入が検討されたこともあった。「サマータイムという社会を巻き込む無茶苦茶な議論の時に、IOCに開催地変更を提案しなかった組織委員会に非があると、私は思います」と持論を展開した。

     川内は出場しなかったものの、9月15日には東京のコースと暑さを想定して代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われた。「今、開催地を変更されても、五輪までにもう夏はありません。せめて春先の変更なら、今年の夏があった。アスリートや関係者も今年の夏を無駄にせずに済んだのに…」と話した。

     組織委員会とIOCは30日からの調整委員会で、札幌開催について話し合う。「いずれにしても早く決定してくれれば、ほとんどみんな“プロアスリート”ですから決定に従って準備をすると思います」と早期の決着を望んだ。

     MGCでは男子が中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、女子が前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が代表に決定。来年3月までの国内大会で男子は2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒を突破した最上位選手が3人目の代表になるが、記録突破者がいない場合は大迫傑(ナイキ)と小原怜(天満屋)が代表となる。

     川内は世界選手権で29位。自己ベストが2時間8分14秒で大幅な記録更新が必要のため、東京五輪出場の可能性は「1%未満」と話している。

    367: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 15:56:43.92 ID:jB5z6UWE
    川内くんさんの立場は

    371: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/17(木) 16:23:29.14 ID:thpoxNZw
    MGCから逃げて世陸大敗の川内に発言権はない

    “川内優輝「組織委員会に非がある」 東京五輪マラソン札幌開催案”の続きを読む

    23: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/16(水) 22:45:24.47 ID:Wi2FK8QJ
    札幌五輪マラソン!? 「東京でやってほしい」中村匠吾の大八木監督
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000275-sph-spo
    20191016-00000275-sph-000-view

     国際オリンピック委員会(IOC)は16日、東京五輪の猛暑対策として陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する案の検討に入ったと発表した。東京より気温が約5度低く、地理的な条件などを理由としている。

     本番が約9か月後に迫った段階でのIOCの方針変更に現場サイドでは驚きと戸惑いの声が上がった。9月15日に五輪とほぼ同じコースで行われた五輪マラソン代表選考会(MGC)の男子で優勝し、代表に内定した中村匠吾(27)=富士通=を指導する母校、駒大の大八木弘明監督(61)は「東京でやってほしい。選考会も東京で開催できたし、暑さに対応するため、科学委員会なども全力でサポートしてくれている。北海道で開催するなら、北海道で一番暑い士別でやってほしい」と熱い口調で訴えた。

    53: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/16(水) 23:12:56.29 ID:zAgDd1GQ
    大八木監督も身内びいきな発言はなんだかな

    69: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/10/16(水) 23:20:30.63 ID:D72bmNML
    中村は東京ならメダル争い出来ると思うんだけどね
    もうこんなチャンスこの先巡って来ないかも知れない
    なんとしても東京でやって欲しいわ

    “中村匠吾の大八木監督「(暑い)東京でやってほしい」 札幌開催案の五輪マラソンに”の続きを読む

    このページのトップヘ