マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    サニブラウン

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/15(土) 11:49:59.79 ID:9YphATLc9
     サニブラウン・ハキーム選手(フロリダ大)が立て続けに9秒台をマークし、世界選手権やオリンピックで日本人初のメダルを獲得する期待が高まっている。

     5月に初めて9秒台(日本歴代2位となる9秒99)で走ったサニブラウンは、6月6日のNCAA全米大学選手権準決勝で追い風参考ながら9秒96を記録。さらに翌日の決勝で9秒97、桐生祥秀選手の持つ9秒98の日本記録を更新した。

     サニブラウンは早くからその才能の片鱗を表し、世界の陸上界から注目を集めていた。

     2015年7月、16歳(高校2年)で出場した世界ユース選手権では100m、200mで優勝。同年8月の北京世界陸上の男子200mで準決勝進出を果たした。これは史上最年少記録で、同年代での記録を比較すると「あのウサイン・ボルトをしのいでいる」と話題にもなった。

     そのサニブラウンが、20歳を過ぎていよいよ第一線で活躍を始めたというわけだ。

    ● あのカール・ルイスも認める サニブラウンの恵まれた身体と才能

     1984年ロス五輪で4冠を制するなど一世を風靡したカール・ルイスさんも、ヒューストン大のコーチとしてサニブラウンのレースを見ていた。

     「彼は素晴らしいアスリートだ。この大会は過小評価されているが、世界大会と同じくらいの大会。ここでうまくやれたら、他でもやれる」とコメントした。

     カール・ルイスはこの全米大学選手権の100mで優勝している。彼が世界に名をとどろかせたのは、ロス五輪の前年1983年8月に開かれた第1回ヘルシンキ世界陸上だった。このときカールは22歳。大学を卒業してまもなく世界陸上で3冠を制した。その自分の経歴を重ねて、サニブラウンの可能性を語ったのではないだろうか。

     サニブラウンはガーナ人の父と日本人の母の間に生まれた。身長188センチ。恵まれた身体の持ち主であるのは言うまでもないが、カール・ルイスの現役時代を改めて調べて驚いた

    6/15(土) 6:01配信 ダイヤモンド
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00205696-diamond-soci

    写真no title

    17: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/15(土) 11:57:28.17 ID:4A4u6+040
    若かりし頃のボルトの記録やぶってるから
    ポテンシャルはあるんだろうね

    “サニブラウンは何故アメリカで急成長したのか?『日本新9秒97』の背景”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/13(木) 18:03:49.22 ID:PLIfZ0mS9
     日本陸連は13日、ドーハ世界陸上代表選考を兼ねた日本選手権(27~30日、福岡・博多の森陸上競技場)のエントリー選手を発表。注目の男子100メートルには、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、日本初の9秒台スプリンター桐生祥秀(23)=日本生命=、自己記録10秒00の山県亮太(27)=セイコー=らが順当に名を連ねた。

     男子100メートルに、複数の9秒台ホルダーがエントリーするのは史上初めて。ドーハ世陸の参加標準記録(10秒10)を突破済の優勝者が代表に内定する頂上決戦は、空前のハイレベルなレースとなりそうだ。

     サニブラウンは日本歴代2位の自己記録20秒08を持つ男子200メートルにもエントリー。17年大会以来、2大会ぶりの短距離2冠を狙う。

    20190613-00000138-sph-000-view
    6/13(木) 14:20配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000138-sph-spo

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/13(木) 18:04:55.23 ID:QHgjc27f0
    桐生が勝つよ

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/13(木) 18:06:45.47 ID:5ZDBXKUk0
    桐生とは力の差がありすぎる

    アクシデントなければ余裕でサニだな

    17: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/13(木) 18:09:37.72 ID:X0YHa91m0
    桐生くん大舞台はカチコチになってしまうのよ

    “サニブラウンが2冠に挑戦!陸上日本選手権、男子100M史上初の9秒台決着も ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/08(土) 20:44:38.07 ID:X+uPKCDJ9
     世界が認める大器が日本の100メートルの歴史を鮮やかに塗り替えた。米フロリダ大のサニブラウン・ハキームが7日(日本時間8日)、全米大学選手権決勝で9秒97の日本新記録をマークした。20歳の大学生はスポーツマネジメントに興味を持ち米国へ留学。学問と競技を両立しながら、快記録をたたき出した。

     レース直後、サニブラウンは米国での競技生活を、こう語った。「コーチはしっかり話を聞いてくれるし、英語とか言葉のバリアーはないと思う。この環境は日本では体験できない。こういうところでチャレンジしてくる人が増えたらいい」

     2017年春に東京・城西高を卒業し、同年秋からフロリダ大へ。海外の大会への参加手続きで苦労した経験を教訓に、引退後の選択肢として代理人に興味を持ち、国際的な視野でスポーツマネジメントを学びたかったという。

     陸上で全米トップレベルのフロリダ大はサポートスタッフや分析機器が充実し、高いレベルで刺激を受ける。文武両面で最も良い環境で学べるように、日本では塾に通って英語力を磨いてきた。

     米国の大学には、トップ選手であっても「学生は学業を本分とすべきだ」という考え方が根付いている。学業をおろそかにしては大会に出場できない。サニブラウンも入学当初は「家庭教師のような制度があり、大学のスポーツ選手用の勉強の建物もある。帰ってから宿題も多い」などとこぼしていた。

     しかし、最近は自身のツイッターで英語を使うなど、現地の生活にも慣れてきたようだ。この日の400メートルリレーの表彰式では、チームメートと笑顔で表彰台に上り、大学のマスコットであるワニが口を開ける姿のポーズも取った。取材中には大学のチームメートで男子ハンマー投げのマクファーランドが飛び入り。がっちりと肩を組みながら「彼は素晴らしいゲーターズだ(フロリダ大のチーム名はゲーターズ)」とたたえられるなど、すっかりチームにも溶け込んでいる。

     桐生祥秀(よしひで)(日本生命)が17年に日本選手初の9秒台となる9秒98を出した時、サニブラウンは「寝ている間に出していた」と平然と話した。海の向こうで文武両道を貫きながら己を磨き、来年の東京五輪で再び、新たな歴史を刻む。【オースティン隅俊之、新井隆一】

    20190608-00000065-mai-000-view
    6/8(土) 19:11配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000065-mai-spo

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/08(土) 20:52:01.63 ID:zRHdKRlt0
    現役後を考えたら、勉強しとくに越したことはないな。

    クレバーじゃん

    “文武両道のサニブラウン、家庭教師で宿題こなす スポーツマネジメント学ぶ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:03:48.58 ID:uV/tvz3k9
    陸上・全米大学選手権(7日、テキサス州オースティン)男子100メートル決勝で20歳のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が追い風0.8メートルの条件下、9秒97の日本新記録をマークした。2017年9月に桐生祥秀(23)=当時東洋大、現日本生命=が出した9秒98を0秒01更新し、日本勢初となる2度目の9秒台で3位。200メートルでも追い風0.8メートルで日本歴代2位の20秒08で3位となった大器が、2020年東京五輪ファイナリストへ弾みをつけた。

     日本の20歳が陸上大国の歴史にその名を刻んだ。好敵手と競り合いながら、サニブラウンが疾走する。「9秒97」。日本勢初となる2度目の9秒台。日本最速の称号をつかんで口にした言葉に大物感が漂った。

     「あまり実感はない。(後半に)ちょっとストライドが伸びてしまった。もうちょっと、いいタイムが出たと思う」

     晴天、湿度45%、追い風0・8メートルと好条件が整った。2走を担った400メートルリレーで今季世界最高の37秒97を出してから50分後。9秒台の自己記録を持つ選手が4人そろう100メートルのスタートラインに立った。

     号砲の反応速度は8人中7番目の0・198秒。出足の遅れを取り戻すように、中盤から加速する。今季世界最高に並ぶ9秒86で制したテキサス工科大のディバイン・オドゥドゥル(22)=ナイジェリア=らを捉えきれなかったが、勢いよくゴールへ。学生の世界最高峰ともされるレースで表彰台に立ち「日本でこんな体験はめったにできない。こっちに来て良かった」と汗を拭った。

     かつてのこの大会の王者で、五輪での金メダル量産で日本でも有名なカール・ルイス氏(57)は「彼は素晴らしいアスリート」と高く評価した。現在は母校、ヒューストン大のコーチを務めており、現地でレースを見守った。「この大会は過小評価されているが、世界大会と同じくらいの大会。ここでうまくやれたら、他でもやれる」と今後の活躍に太鼓判を押した。

     サニブラウンが東京・城西高2年時の2015年7月に出した100メートルの自己ベストは10秒28。わずか4年で0秒31もタイムを縮めた。強豪フロリダ大では、多くの五輪メダリストを育てた米国出身のマイク・ホロウェイ監督に師事。「(日本と)考え方が全く違う」という“短時間集中型”の個別メニューで、苦手なスタートを中心に鍛えてきた。同僚のグラント・ホロウェイ(米国)は男子110メートル障害で今季世界最高の12秒98をマーク。恵まれた環境で力を伸ばし「いろいろな人がいてここまで来られた」と感謝する。

     条件は異なるが、16年リオデジャネイロ五輪に当てはめれば9秒97は7位に相当する。日本勢における五輪の100メートル決勝進出者は、1932年ロサンゼルス大会で6位入賞した「暁の超特急」こと吉岡隆徳ただ一人だ。

     100メートル決勝からわずか45分後に行われた200メートル決勝で、日本歴代2位の20秒08をたたき出し、3位に入った。自己ベストを0秒05更新。日本勢初の19秒台をうかがう勢いで、リオ五輪に当てはめれば20秒08は3位に相当する。1時間半で臨んだ3レースで強烈なインパクトを残した。

     2020年東京五輪では100メートルで日本勢88年ぶり、200メートルで初の決勝進出に期待が高まる。「まだ今後も速いタイムが出ると思っているので、その都度更新していければ」とサニブラウン。目標は「地上最速」と語る若き怪物の可能性は限りない

    20190609-00000007-sanspo-000-view
    6/9(日) 7:00配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000007-sanspo-spo

    11: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:13:00.31 ID:ixh3+W6V0
    カール君が言うのなら

    13: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:13:39.93 ID:wvcdm/Ip0
    カール・ルイス氏(57)


    まじか

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:13:43.09 ID:ivjlUn6I0
    ヘイカール
    ですね~

    “カール・ルイス氏(57)、サニブラウンを絶賛!現地で観戦「彼は素晴らしいアスリート」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:32:54.77 ID:8eaJ1DDr9
    ◆ サニブラウン100m9秒97日本新 早くもプロ転向の可能性浮上

    陸上の全米大学選手権(テキサス州オースティン)は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝を行い、サニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が9秒97で3位。桐生祥秀(23)の持つ日本記録9秒98を更新した。

    9秒台を連発する和製スプリンターの周囲が、にわかに騒がしくなってきた。サニブラウンが、早ければ今秋にもプロに転向する可能性が浮上しているのだ。

    100メートル、200メートルだけでなく、今年3月の全米大学室内選手権(アラバマ州)60メートルでは日本記録に並ぶ6秒54をマーク。走るたびに自己ベストを塗り替えており、日本選手権(27日開幕=福岡)、世界選手権(9月=ドーハ)でのさらなる記録更新、表彰台の期待が高まっている。

    米大学陸上界を代表するスプリンターが世界の大舞台で海外のトップランナーと互角に渡り合えば、市場価値が高騰するのは必至。将来性を見込んで日米の複数の企業がスポンサーに名乗りを上げるはずだ。

    サニブラウンの周囲からもプロ転向を後押しする声も聞かれ、フロリダ大のマイク・ホロウェイコーチは地元メディアの取材に「彼の才能は大学だけのためにあるわけではない」と話したこともあった。

    陸上に限らず、米国の個人競技の選手は、大学在学中にスポンサー企業の支援を受けてプロに転向するケースは決して珍しくはない。陸上では100メートル全米大学記録保持者(9秒82)で、2017年世界選手権(ロンドン)男子100メートル銀メダルのクリスチャン・コールマン(当時テネシー大学2年)が、同年のシーズン終了後にスポーツ用品メーカーと契約。その後はダイヤモンドリーグなど賞金レースを中心に活動。16年リオ五輪競泳4冠のケイティ・レデッキーは昨年から、西部の名門として知られるスタンフォード大学に在学しながら、プロスイマーとしてレースに参戦している。

    日刊ゲンダイ 2019/06/09 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/255724
    no title

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:36:39.67 ID:lWZ5vAOG0
    内村、萩野、~
    プロになったら皆ダメになってないか?

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 07:40:04.11 ID:s0+/ZYyN0
    >>2
    プロつっても野球やサッカーみたいに
    試合で実績を残すだけで自動的に給料が上がるわけじゃないからな

    要するに個人事務所を開いた芸能人みたいなもの
    太いタニマチを見つけられるかどうかが全て

    44: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 09:04:38.73 ID:gRE+ef+j0
    >>2
    それは上り詰めた後にプロになるからでしょ
    決断が遅い

    “サニブラウン、早くもプロ転向の可能性浮上 100m9秒97日本新”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 22:52:41.37 ID:szsc4x2G9
    山県亮太、サニブラウン9秒97日本新に「出したなぁ、という感じ」 日本選手権で直接対決へ

     16年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太(26)=セイコー=が9日、横浜市内で練習を公開した。
    7日(日本時間8日)に、サニブラウン・ハキーム(20)=フロリダ大=が男子100メートルで9秒97の日本新記録を樹立。
    「出したなぁ、という感じ。自分も日本記録を出したいと思ってやっていて、悔しい気持ちもあるけど、自分のレースを良くしていくことを考えて、やっていくつもり」と受け止めた。

     18年ジャカルタ・アジア大会銅メダリストは今季、スタート局面の試行錯誤を続けている。
    「今季はずっとスタートで出られていない。体の使い方を見直したい」と、中盤以降の加速につなげる序盤の形を模索している。
    「今みたいな時期だから、課題に集中したい」と、テレビやSNSなどは断ち、映像で走りを研究したり、友達と会って気分転換したり。日本選手権(27~30日、福岡)へ、調整を続けている。

     サニブラウンや今季好調の桐生祥秀(23)=日本生命=と直接対決する日本選手権は、空前の激戦になる。
    山県は「今のレベルを考えると、1人がどうとかじゃなくて、競り合いになるし、9秒台も必要になってくる。地に足をつけて、まずはシーズンベストを狙っていきたい」と力を込めた。

     山県は10日が27歳の誕生日。取材後にはケーキと花束でお祝いされ「年齢的にもベテランの領域。これまで以上に、経験をいいパフォーマンスにつなげて、いい意味で年齢を感じられる1年にしたい」と語った。
    今秋のドーハ世陸(9~10月)まで続く、長丁場のシーズン。復調のきっかけを、必ず取り戻す。

    20190609-OHT1I50078-L
    https://hochi.news/articles/20190609-OHT1T50093.html

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 22:53:09.13 ID:ZFOYoQtd0
    遺伝子レベルで負けてる

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 22:54:14.14 ID:DQqWcKt20
    日本人では出せない記録

    12: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/09(日) 22:57:36.81 ID:jd818zij0
    大学選手権、アメリカ人だけじゃないからだろうけどレベル高すぎ

    “山県亮太、サニブラウンの日本新に「出したなぁ、という感じ」日本選手権で直接対決へ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/06(木) 08:04:56.21 ID:J7BtN1M59
    陸上のサニブラウンアブデル・ハキーム選手が5日、アメリカ、テキサス州で行われた全米大学選手権の男子100メートル準決勝で追い風2.4メートルの参考記録ながら9秒96をマークして決勝に進みました。

    20歳のサニブラウン選手はフロリダ大学に所属し、アメリカを拠点に来年の東京オリンピックを目指していて、先月11日には日本選手として2人目の9秒台となる9秒99をマークするなど好調を維持しています。

    サニブラウン選手は5日、テキサス州で全米大学選手権男子100メートルの準決勝に出場し、持ち味の力強い走りで中盤以降も伸びを見せて、この組の2着でフィニッシュしました。

    追い風2.4メートルの参考記録ながら9秒96のタイムで決勝に進みました。

    100メートルでは追い風が2メートルを超えた場合は参考記録で公式の記録にはなりません。

    サニブラウン選手はこのあと200メートルでも準決勝に出場する予定で、100メートルに続いて決勝に進出できるか注目されます。

    2019年6月6日 7時38分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190606/k10011942561000.html

    https://twitter.com/Getsuriku/status/1136399311107870720
    no title


    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/06(木) 08:05:25.76 ID:ghpn5vn+0
    サニブラウンは日本の誇り
    日本人最高

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/06(木) 08:06:29.20 ID:iejnRIPJ0
    男子短距離陣は充実してるな

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/06(木) 08:06:40.41 ID:2iZgy9eL0
    追い風か

    “男子100mでサニブラウンが追い風参考9秒96!◇全米大学選手権・準決勝”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/29(水) 06:18:02.94 ID:xM6aE9NW9
     日本人2人目の100メートル9秒台を記録したサニブラウン・ハキーム(20)が、記者たちの顰蹙を買っている。

     スポーツ紙デスクが囁(ささや)く。

    「在籍しているフロリダ大陸上部の広報担当者から各社に一斉メールが送られてきたんですがね……」

     以下、その和訳である。

    〈サニブラウンの家族の要請を受け、本人、家族、友人、中学、高校時代のクラスメートの映像は、過去放映されたものを含め、今後は放映しないよう求める。(略)応じない場合は法的措置の可能性もある〉

    「海外在住なので、何か起きたら、国内の取材先は中高の関係者くらいしかいない。それを禁じられたら仕事になりませんよ」(同)

    “法的措置”との脅し文句もあるが、

    「法律以前に、彼に嫌われたら、今後、取材拒否されるかもしれない。6月には日本選手権、来年は東京五輪があるので、黙って従うしかありません」(同)

     なぜサニブラウン陣営はこんな取材規制を強いるのか。大げさに言えば、憲法が保障する“報道の自由”をも蔑(ないがし)ろにする愚挙である。

     メールを送った広報担当者に真意を尋ねると、

    「ある放送局と彼の家族との間で起こった問題を考慮して要請しました。その局は、ある映像を、放映しないという合意があったにもかかわらず放映したのです」

     それは中高時代のプライベート映像だという。その局には抗議して謝罪させたというのだが、

    「家族は同じような取材を過去にどの局に許可したか覚えていないので、“各社に要請してほしい”と私に頼んできたのです」(同)

     ならば、その映像を特定し、それに限って使用を禁止すればいい。そもそもテレビ局にだけメールを送ればいいと思うのだが。

     ちなみに、米メディアには“彼のことを報じないから”送っていないのだとか。

     担当者はこう締め括った。

    「私の声明は法的な脅しでもなければ、大学側からの公式声明でもありません。もし、そのような誤解を招いてしまったのなら謝罪します。私は日本のメディアの仕事ぶりをとても尊敬していますし、報道の自由も尊重しています」

     勇み足――だったということか。来る日本選手権では、マスコミにソッポを向かれないような走りを。

    「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載


    5/29(水) 5:56配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00562341-shincho-spo
    no title

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/29(水) 06:19:46.78 ID:APcVHwO80
    これは好感度アップ

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/29(水) 06:20:34.80 ID:SV9102T40
    本人が取材して欲しくないって言ってるんだからゴミどもはちゃんと守れよ

    “【陸上】サニブラウンがマスコミに送りつけた前代未聞の『取材規制』メール”の続きを読む

    このページのトップヘ