今井隆生 | マラソン速報

マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch(5ch)記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

    今井隆生

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    741: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2022/01/02(日) 12:04:37.72 ID:95ZB+AVT
    これだけ差が開くともう無理だな

    743: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2022/01/02(日) 12:04:41.50 ID:h4XM/fdZ
    山で大半が決まるぞ

    744: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2022/01/02(日) 12:04:43.31 ID:zojvU1HK
    久しぶりに山の大逆転みたいな。

    750: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2022/01/02(日) 12:05:12.43 ID:g5tOxolC
    青学独走はつまらない

    どこでもいいから捕まえてくれ

    761: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2022/01/02(日) 12:06:05.71 ID:n4oxW7SX
    >>750
    いや、ちょうど良いハンデだろ
    アンカー勝負だよ

    “【箱根駅伝・4区】青学・飯田が区間3位で独走態勢!創価・嶋津が区間賞で5位浮上”の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/23(土) 11:25:12.42 ID:3ByVHhg1

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/23(土) 11:31:41.11 ID:3ByVHhg1
    駅伝部 箱根駅伝予選会8位! ありがとうございました。
    念願の本選出場を果たしました!
    https://www.surugadai.ac.jp/sports/news/marathon/2021/8.html
    10月23日(土)に行われた第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会で、駿河台大学駅伝部は見事8位に入り、念願の箱根駅伝本選への出場権を獲得しました。

    今年の予選会には10校の枠に対し、41校が参加しました。1チーム14名の登録選手の中で出場できるのは12名まで。その中で上位10選手の合計タイムで競いました。
    会場は昨年に引き続き無観客の立川市陸上自衛隊立川駐屯地周回コースでのハーフマラソン形式でした。

    前日の雨から一転晴れ上がった空のもと、レースは、絶対的エースのブヌカジェームス選手が先頭集団に入り、チームをリードします。
    5キロ通過時点での10人の暫定合計タイムが7位、10キロで5位、15キロでは10位と目まぐるしく順位が変わります。
    フィニッシュを10位で迎え、固唾を飲んだ結果発表で、10人の合計タイム、10時間44分47秒で総合8位となりました。
    一昨年の予選会12位から、今年6月の全日本大学駅伝関東地区予選会の8位まで続いた"あと一歩"、"もう少し"から脱却いたしました。

    これまで、多くの方よりご声援、激励をいただいてまいりました。ここに箱根駅伝本選初出場決定をご報告するとともに、改めて御礼を申しあげます。
    また、コロナ禍の悪条件の中で、昨年に続き無事大会を開いていただいた連盟および関係者の皆様方に厚く御礼申しあげます。

    本選に向け、駿河台大学駅伝部に対してより一層のご声援をいただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/23(土) 11:43:52.98 ID:2CpQHjJv
    前回本戦、徳本ぶり法政1区区間賞
    今井先生がチーム10番目

    なんともドラマチック

    20: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/23(土) 19:44:02.49 ID:ndGilOci
    初出場おめでとう!

    2000: 以下、マラソン速報がお伝えします 2017/12/22(金) 00:21:09.75 ID:marasoku

    “【駅伝駿大スレ】予選会8位通過、念願の箱根駅伝本戦初出場決定!【祝】”の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/20(水) 21:48:46.29 ID:CAP_USER9
    日本テレビ 10.20
    https://www.news24.jp/articles/2021/10/20/09959861.html

    来年行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)への出場をかけた予選会が、23日に陸上自衛隊立川駐屯地で開催されます。

    本大会に出場できるのは20大学と関東学生連合チーム(予選会で敗退した大学のメンバーで構成される)の合計21チーム。前回大会の10位までにはシード権が与えられており、予選会では残りの10枠を争います。各校12人までがハーフマラソン(21.0975km)を走り、上位10人の合計タイムで争う予選会。今年は出場資格をクリアした41校が出場し、わずか10枚の切符を巡って、厳しい戦いが繰り広げられます。

    レースは年々激化してきており、本大会の常連校や伝統校と言われる大学でも油断はできません。一方で、箱根駅伝に出場するために強化に乗り出し、初出場を目指す大学も増えてきました。

    ■駿河台大学

    今回、初出場が狙えるチームで最も力があると見られているのが駿河台大学です。

    かつて法政大学のエースとして箱根路を沸かせた徳本一善監督が就任して10年目の今年、6月19日に行われた全日本大学駅伝関東選考会では、惜しくも本大会出場を逃しましたが、次点の8位と健闘しました。泥臭い練習をこなして戦力が充実してきており、箱根駅伝初出場へ機運が高まっています。一昨年の予選会は12位と躍進。昨年は主力の4年生に故障者を出し15位と順位を落としましたが、今年は順当に主力選手をエントリーすることができました。

    エースはケニア人留学生のジェームズ・ブヌカ選手(4年)です。学生日本一を決める日本インカレでは、10000mで2連覇を果たしています。前回の予選会でも先頭争いを繰り広げ、個人4位の快走を見せており、今回も大黒柱としての活躍が期待されます。

    日本人エースは、今年1月の箱根駅伝に関東学生連合チームの一員として出場した町田康誠選手(3年)と、5月の関東インカレ男子1500mで8位入賞した清野太成選手(3年)。ともに10000mの自己記録は、学生トップランナーの指標とされる28分台を持っており、チーム内で上位の走りが見込めます。

    注目選手は、4年生の今井隆生選手。かつてトライアスロンの選手として活躍し、2016年に引退した後は中学校の体育教師をしていました。今年31歳になりますが、昨年4月に公務員の自己啓発等休業制度を利用して駿河台大学に3年生として編入学し、かつて夢見た箱根駅伝出場を目指しています。今年はチームの主力選手としての活躍を見せており、予選会でもキーマンになりそうです。

    ■麗澤大学

    麗澤大学は、2018年の予選会が12位(この年は記念大会だったため、11位までが本大会に出場できた)、19年が11位と2年連続で次点でした。昨年は13位と後退しましたが、“あと一歩”が遠い、レースが続いています。

    今回の予選会の10000mの平均タイムは、上位10人が41校中23番目、エントリー14人が24番目と、トラックの記録は決して高くはありませんが、ロードを得意とするチームで、これまでにもトラックの持ちタイムでは測れないしぶとさを見せてきました。

    昨年までの主力選手が今春に多数卒業し、さらに、昨年の予選会で個人23位と好走した椎野修羅選手(4年)がケガでエントリーから外れ、今回は苦しい戦いが予想されますが、今年は鈴木康也選手ら1年生に好選手が多いのが好材料。若い力が起爆剤となり、悲願の初出場を目指します。

    ■流通経済大学

    そして流通経済大学は、実業団のサンベルクスを経て入学したサムソン・ディランゴ選手(1年)が強力。今年の関東インカレでは5000m、10000mの二冠を成し遂げています。かつて大東文化大学で監督を務めた奈良修監督が就任し、2年目の今季、その手腕にも注目です。

    はたして、悲願の本大会初出場を決める大学は出るのでしょうか!? 箱根駅伝予選会は23日9時35分スタートです。

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/20(水) 21:53:21.67 ID:O0mxkLYi0
    上武大は今年もダメそうなのかな?

    13: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/20(水) 22:06:03.06 ID:UsZi7QMw0
    >>4
    監督が変わったしねえ

    7: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2021/10/20(水) 21:55:53.28 ID:11uo/HN40
    31歳で出場ってすごいな

    “箱根駅伝予選会、虎視眈々と狙う“初出場校” 駿河台大・麗澤大・流通経済大”の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2020/08/05(水) 07:07:01.83 ID:CAP_USER9
    今年の3月末までは体育教師として中学生を指導していた。胸にあるのは2つの思い。心理学を学んでこれからの子どもたちに寄り添っていく。もう一つは、初となる箱根駅伝を駆ける。8月に30歳となる今井隆生は駿河台大学の3年生。自己啓発等休業制度を利用し、2年限定の挑戦を始めた。
    6月20日、駿河台大駅伝部のメンバーは10000mのタイムトライアルに臨んだ。第1集団を徳本一善監督が自ら引っ張り、最初の1000mは2分56秒。最初こそ今井は第2集団にいたが、5000m過ぎには第1集団へ。そこから集団を抜け出し、他の選手に引いてもらいながらペースを刻んだ。この日は練習を再開してからまだ3週間程度という状況ではあったが、今井を含む数人が29分台を記録。今井が苦しさで顔をゆがめながら走る姿を、選手たちは親しみを込めて「魂の走り」と呼んでいる。「今井さん、今日も魂出ていましたね!」と声をかけられれば笑顔を返す。選手としてはもちろん、先生としても、負けられない。

    中学、高校時代は陸上をしていた。しかし2008年、高3の夏にあった北京オリンピックで、井出樹里が日本人トライアスロン選手として初めて5位入賞を果たした姿を見て決意。日本体育大学ではトライアスロン部に入った。3、4年生の時には関東学生トライアスロン選手権で準優勝を果たし、日本学生選抜にも2度出場。さらに日本トライアスロン選手権でも上位になれる力をつけたいと考え、日体大卒業後は飯島健二郎監督が率いるチームケンズに進んだ。

    井出樹里や佐藤優香など国内トップ選手とともに練習を重ねての1年目に、関東トライアスロン選手権と日本デュアスロン選手権 U23で優勝し、ITU世界デュアスロン選手権 U23では8位を果たす。しかし目標としていた日本トライアスロン選手権では23位に沈み、壁にぶち当たった。「追い込んで厳しい練習を重ねたのに23位。どう頑張ってもトップ10に入る姿が見えなかったんです」。その後もトレーニングを継続したが、飯島監督に「トライアスロンでは食べていけないから、他の道を考えた方がいい」と声をかけられた。厳しい言葉ではあったが、プロの厳しさを知っている飯島監督だからこその重みがあった。

    日体大で保健体育の教員免許をとっていたこともあり、2015年からは臨時採用で教師としてのキャリアを始め、トライアスロンは翌16年の日本トライアスロン選手権を最後に引退。同年には埼玉県の教員採用試験に合格し、17年より飯能市内の中学校で働き始めた。

    保健体育の先生として子どもたちと向き合い、部活動では陸上部の顧問を務めた。自分が教わってきたことを教育の現場に生かしていたが、不登校の生徒に対して思うように導けず、悩んだ。「僕はある種の根性論で鍛えられてきたけど、今の子どもたち、さらに次の子どもたちにはもっと寄り添った指導が求められています。だから教育相談やカウンセリングなどを学ぼうとしたら、今が最後のチャンスじゃないかって思ったんです」。そして同じ飯能市にある駿河台大で心理学を学ぼうと決意した。

    自己啓発等休業は赴任先の学校に籍を置いたまま、大学等における修学もしくは国際貢献活動ができるという制度。今井は前者にあたるが、大学院ではなくあえて大学を選んだのは箱根駅伝を走りたいという思いがあったからだ。

    駿河台大駅伝部の徳本一善監督には偶然、14年にあったトライアスロン試合会場で出会い、「走る練習がしたいんだったら、うちのグラウンドに来てもいいよ」と言ってもらえていた。翌15年には飯能市内での勤務が始まり、市内に引っ越してからは週末、学生たちのそばでときには徳本監督にも指導してもらいながら今井もグラウンドを走っていた。トライアスロンを引退してからは市民ランナーとして走り、18年の大田原マラソンでは2時間28分32秒で優勝。派遣されてパリマラソンも経験し、翌年の大田原マラソンでは2時間23分23秒と記録を更新している。

    今井は日体大進学を機に陸上から離れたものの、高校時代に不完全燃焼で陸上を終えてしまったという思いがずっと胸にあった。4年生だった13年に、日体大は30年ぶりとなる箱根駅伝優勝を果たしている。月日が流れ、もしかしたらその大舞台に手が届くかもしれない。だったら挑戦したい。これが限界、という気持ちをもう一度味わいたい。そんな思いで、徳本監督とともに箱根駅伝を目指す決意を固めた。

    1年生とは11歳も年が離れている。さらに今井は学生ではあるものの、元々は中学校の先生だ。学生たちは全員、今井に対して敬語を使っている。その一方で今井は「僕は3年生で、4年生は先輩だから」と、4年生に対して敬語で接している。

    自分がもう一度限界に挑戦することは次の選手育成にもきっとつながる、という思いもある。
    (以下はリンク先で)

    2020.8.4 大学スポーツ4years
    https://4years.asahi.com/article/13531284

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2020/08/05(水) 07:29:05.51 ID:03eufnn10
    駿河台大学って
    予備校の駿台の仲間?

    8: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2020/08/05(水) 07:35:38.49 ID:A1zf83gS0
    >>5
    経営母体が同じ

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2020/08/05(水) 07:55:39.49 ID:iRfLBnQN0
    すんごい真面目な人なんだな

    “30歳で初の箱根駅伝へ…元体育教師の駿河台大・今井隆生が「魂の走り」を貫く”の続きを読む

    このページのトップヘ