マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    元気あっぷハーフ

    707: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/20(日) 23:50:00.99 ID:3gqXjSUx0
    「とり天」を手に笑顔の竹石
    「設定タイムより20秒くらい良かった」と納得の表情
    箱根5区で苦戦した青学大・竹石尚人が復活へ第一歩

    ◆全国都道府県対抗男子駅伝(20日、広島市平和記念公園発着=7区間48キロ)

     第95回箱根駅伝5区13位と苦戦した青学大の竹石尚人(3年)は、大分代表として最終7区(13キロ)を区間16位で走り、故郷を38位から34位に引き上げた。箱根駅伝以来のレースを終え「気持ちは前向きになっています。少し自信を取り戻しました」と笑顔で話した。

     箱根駅伝では2年連続で5区に出陣。3位でタスキを受けたが、区間5位だった前回より2分3秒もタイムを落とし、区間13位。3人に抜かれ、青学大は往路6位。5年ぶりに優勝を逃す一因となった。箱根路での失速から18日。竹石は復活への第一歩を記した。13キロを38分24秒で走破。「設定タイムより20秒くらい良かった」と納得の表情で話した。レースを見守った原晋監督(51)も「竹石のタイムは良かった。表情も明るくなったね」と合格点を与えた。

     5連覇を狙った青学大は3区で森田歩希主将(4年)が区間新記録の快走でトップに立ったが、4区で岩見秀哉(2年)が区間15位、5区で竹石が区間13位と苦しみ、流れを逃した。原監督は岩見と竹石に対し「逃げたら終わり。来年、もう一度、それぞれ4区、5区を走るつもりで取り組んでほしい」とゲキを飛ばした。岩見は13日に栃木・高根沢町で行われた「高根沢町元気あっぷハーフマラソン」で1時間3分47秒で2位と健闘。竹石も箱根駅伝以来のレースで本来の力の一端を見せた。「来年の箱根駅伝はこの1年の練習次第。もう一度、5区にチャレンジしたいとう気持ちはもちろんあります」と話した。

     大会後、選手全員に大分県人会が用意した郷土料理の「とり天」が振る舞われた。「大好物です。おいしい」と笑顔。青学大のキーマンは箱根路で再び輝くため、安芸路で力強く走り出した。

    20190120-00000183-sph-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000183-sph-spo

    652: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/20(日) 14:48:25.10 ID:1UE56XwId
    竹石これだけ走れるなら平地でも問題ないね

    654: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/20(日) 14:50:14.44 ID:Df+QK8ecd
    >>652
    寧ろ平地の方がいい

    “青学・竹石尚人が復活へ第一歩 箱根駅伝5区“山登り”で苦戦/全国男子駅伝”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/10(木) 15:21:46.04 ID:pg0Ib3Xx9
    第95回箱根駅伝(2、3日)で2位となり、5年ぶりに優勝を逃した青学大が10日、東京・渋谷区の青山キャンパス内のガウチャー記念礼拝堂前で「箱根駅伝報告会」を行った。
    「ゴーゴー大作戦」を掲げて大会5連覇を目指したが、悲願の初優勝を果たした東海大と3分41秒差で惜敗。原晋監督(51)は「ゴーゴー大作戦はあっぱれな大成功とはなりませんでしたが、選手たちは最後まで諦めずに走り切りました」と笑顔であいさつした。

    第95回大会が幕を閉じてちょうど1週間。原監督は、今大会について「東海大さんが強かった」と完敗を認めた上で、来年大会に向けて、早くも意欲をみなぎらせている。「日に日に悔しさが増している。この悔しさがなくなったら、私も引退するしかない。箱根駅伝の借りは箱根駅伝で返すしかない
    。一度、1位になったチームは2位じゃダメなんです」と強い口調で話した。

    かつて、青学大出身の蓮舫参院議員(51)が事業仕分けで「2位じゃダメなんでしょうか?」と発言し、話題になったが、原監督は、あくまでトップを目指す姿勢を強調した。「成功の反対は失敗ではない。何もしないこと。我々はチャレンジを続けます」ときっぱり話した。

    新チームはすでに5日から始動。今回10区2位だった鈴木塁人(たかと)が新主将に就任。吉田祐也副将、竹石尚人寮長、上村臣平主務の新体制が決まった。「来年はこの場でいい報告をしたい」と鈴木新主将は報告会に集まった多くの学生に約束した。森田歩希主将(4年)も「今の3年生は明るい選手が多い。このメンバーなら来年は明るい報告をしてくれると思います。応援をお願いします」と期待を込めて呼びかけた。

    今回4区15位と苦戦した岩見秀哉(2年)らは、13日に栃木・高根沢町で開催される「高根沢町元気あっぷハーフマラソン」で新チームの初陣に臨む。青学大は、箱根王座奪回に向けて力強く走り出している。

    20190110-00000127-sph-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000127-sph-spo
    1/10(木) 14:17配信

    7: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/10(木) 15:23:52.49 ID:ZsI2fZ400
    聞いたかR4

    9: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/10(木) 15:24:10.09 ID:DRXK5tkn0
    そういやあいつ青学OGだな

    11: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/10(木) 15:24:19.10 ID:eNv6FJkF0
    蓮舫禁止

    “原晋監督「2位じゃダメなんです」 5連覇逃した青学大が“箱根駅伝報告会””の続きを読む

    このページのトップヘ