マラソン速報

マラソンやジョギングに関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。コメントお待ちしてます!

PICK UP!

             

    原晋

    650: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/04/26(木) 11:07:38.01 ID:ldemEmoI
    神野もコニカ退社でプロとかまじかよw

    2000: 以下、マラソン速報がお伝えします 2018/04/26(木) 00:21:09.75 ID:marasoku

    “神野大地もプロ転向!!箱根駅伝“3代目山の神”、五輪マラソン代表目指す”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/27(火) 05:16:55.93 ID:CAP_USER9
    26日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、青山学院大学陸上競技部監督の原晋氏が、アスリートへの金銭支援方法を提案した。

    番組では「笑顔の裏に苦労あり そだね~JAPAN懐事情」と題し、韓国・平昌(ピョンチャン)五輪のカーリング女子で、銅メダルを獲得した「そだね~JAPAN」こと「LS北見」の資金面について取り上げた。

    一般的にカーリングの活動費は用具代、コーチングスタッフ費、遠征費など、年間に約3000万円が必要だとか。しかし「LS北見」創立当時の活動資金は400万円ほど。主将の本橋麻里は、自らスタッフとスポンサー集めに奔走するなどして、現在のチームスポンサーはおよそ20社になったそうだ。

    それでも今シーズンの7割から8割は海外遠征のため、コーチやマネジメント費はボランティアで賄っているのが現状だという。そのため、選手は競技のみで生活することが難しく、それぞれが企業に務めている。

    平昌五輪で銅メダルを獲得した報酬は、日本オリンピック委員会から1人につき100万円、全農から“報奨米”として100俵(1人あたり約20年分)とのこと。日本カーリング協会に関しては、規定がないため、現状では報酬については未定だという。

    「LS北見」の現状を踏まえ、原氏は「強化にはお金がいる」と、あらゆる競技における金銭の必要性を訴えた。

    さらに「ふるさと納税」から着想を得た「アスリート納税」の新設を提案したのだ。原氏は、アスリートに対して金銭的な支援を行うと税制優遇が受けられるといった案を語り、「そういったことをやれば、アスリートたちも頑張れるのかなと思います」と持論を展開していた。

    2018年2月26日 18時30分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14356818/

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/27(火) 05:19:28.18 ID:Q8rxzs6m0
    クラウドファンディングでも
    やったら?

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/27(火) 05:21:12.44 ID:s2nioXZWO
    ただの寄付でよくね?

    “青学・原晋監督が“アスリート納税”を提案 「強化にはお金がいる」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/05(月) 18:10:38.94 ID:CAP_USER9
    青学大・原監督が陸上界ぶった切り、3つの改革訴え
    [2018年2月5日16時18分]

    改革なくして進化なし-。箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は5日、
    都内の日本記者クラブで会見。旧態依然の陸上界をぶった切り、改革の必要性を訴えた。

    箱根駅伝の全国化、実業団の移籍自由化など具体案を提示。
    新国立競技場が東京五輪後に球技専用になることを陸上界の責任で反省しなければならないと強調した。

    ★箱根駅伝の全国化
    一部から声が上がり始めた箱根駅伝の全国化。原監督は全面的に賛成する考えを示した。

    原監督 30%以上の視聴率を考えても、箱根駅伝は公共の文化財。多くの国民もそう思っているはず。

    独自の調査も披露した。ある年の高校3年生の5000メートルのベスト100の選手のうち、
    87・4%が関東の大学に進学。逆に昨年の箱根駅伝の選手たちのうち68・8%が地方出身だったという。

    原監督 全国化はふるさと創生にもなる。指導者の雇用も増える。

    続けて主催の関東学生陸上競技連盟の議論が遅いことも批判した。

    原監督 旧態依然の組織に発展はない。箱根がどうあるべきか、議論を進めるべき。
    そうしないと陸上界の大きな発展につながらない。

    ★実業団チームの移籍自由化
    現状ではチームの部長、監督のはんこがないと、移籍が認められない。
    中には「飼い殺し」状態になった選手も少なくない。

    原監督 国内の枠でなく、世界を見ないと、世界では戦えない。高校、大学とレベルが上がっているのに、
    実業団は疑問。実業団チームは(移籍自由化などを認め)一枚岩で東京五輪へ強化を取り組むべき。

    ★新国立競技場問題
    五輪後は球技専用になることが決まっている。
    当初は「陸上人として残念だったが、冷静に考えると当たり前」と話し、持論を展開した。

    原監督 陸上の日本選手権が(お客さんで)いっぱいになったことがない。満員がない。
    これは陸上界にかかわる1人1人が普及を怠った結果。反省しないといけない。
    球技化は残念で終わらせてはいけない。真剣にファンを増やすことを考えないと。

    陸上界の異端児と公言する男の熱い話はとどまることを知らなかった。

    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201802050000441.html
    日本記者クラブで会見する青学大陸上競技部の原監督
    no title

    74: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/05(月) 21:33:31.66 ID:9SosC9KY0
    >>1
    このおっさん、えらい叩かれてるけど、まあ言いたいことはよく分かる。


    箱根を全部開放しろとはいわんけど、ああいうことで関東圏の大学の囲い込みをやると
    興ざめだわな

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/05(月) 18:15:34.42 ID:9ihgmKCT0
    陸上連盟 VS 原
    相撲協会 VS 貴乃花

    利権を持ってる奴らは強いぞ

    “青学大・原監督が陸上界ぶった切り 「箱根駅伝の全国化」「実業団チームの移籍自由化」など改革の必要性を訴える”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/04(日) 21:11:00.21 ID:CAP_USER9
    山中教授、別大マラソンで自己ベスト 3時間25分
    2018年2月4日18時24分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL245TGJL24TIPE01F.html263

    4日の別府大分毎日マラソンを走り、自己最高を2分以上更新した京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授
    no title


    4日に行われた別府大分毎日マラソンに、ノーベル医学生理学賞受賞者で京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授(55)が参加し、3時間25分20秒の2430位で完走。自己記録を2分以上更新する走りを披露した。

    山中教授が出場したのはカテゴリー4(持ちタイム3時間~3時間半)というクラス。昨年2月の京都マラソンを3時間27分45秒で走り、出場条件をクリアしていた。

    「今日は朝から歩くだけで足が痛かった。最後までもつのか心配だった」と山中教授。風も強く、「最後の向かい風のときは進めないくらいだった。本当に苦しかった」といいながらも自己ベストでゴールした。平坦(へいたん)なコースに加え、「応援がすごかった。胸のナンバーカードに『山中』とか書いてあるわけじゃないのに名前を呼んでもらえて」と感謝の言葉も出た。

    報道陣から「次の目標は?」と聞かれると、しばらく考えて「研究、がんばります」と笑顔で答えた。

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/04(日) 21:11:22.05 ID:oObDhwa70
    速くね?

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/04(日) 21:15:44.58 ID:/bsRksEW0
    超人かよ

    “山中伸弥教授、別大マラソンで自己ベスト 3時間25分 iPS細胞研究所所長”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 13:09:09.57 ID:CAP_USER9
    『フツ--の主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉』

    箱根駅伝で今年4連覇を果たした青山学院大陸上競技部の選手寮寮母で
    原晋監督夫人、美穂さんの初著書。昨年末の出版で、4刷3万部超と“快走”を見せている。

    3年前に監督が出版した本の担当編集者で、アスコム社長の高橋克佳さんが
    「監督の本に加え、奥さんの話で青学の強さが立体的にわかる」と企画。
    美穂さんの半生と、平成16年の寮母就任以来の経験から得た思いをつづり、
    〈一人ひとりが主役である環境をつくります〉〈誰かを支えることで、自分の役割と居場所が見つかるのです〉などの言葉が並ぶ。

    「家庭でも企業でも、支える人がいるところはうまくいく。普通の主婦や会社員の自分でもできるかも、
    と思って読んでもらえたらいい」と高橋さん。
    「久々に本を読んで、3回読みました」「子育ての参考になる」など女性読者からの声も寄せられている。

    帯の推薦文「実は、彼女が監督の監督です!」は原監督から。本では夫妻の劇的ななれそめや原家の日常も紹介。
    美穂さんが監督に選手のことで強く意見したり、監督を続けるため「(大学に)土下座してでも!」とたきつけたりしたエピソードも…。
    やはり監督の監督、か。

    http://www.sankei.com/life/news/180127/lif1801270014-n1.html
    no title

    8: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 13:26:57.42 ID:YBX3B0hn0
    4連覇は監督の奥さんのお陰と言っても過言では無いよ。

    10: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 13:31:12.74 ID:WVQIItT80
    旦那は講演会で稼いで嫁は印税と
    笑いが止まらないな

    “【駅伝】青学・原監督夫人の本が快調な売り上げ 妻として寮母としてチームを支える”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/28(日) 18:22:36.97 ID:CAP_USER9
    箱根駅伝4連覇を達成した青学大が28日、練習場のある相模原キャンパスそばにある、にこにこ星ふちのべ商店街で、優勝パレードを開催した。選手たちは約3万人のファンから祝福を受けた。

     沿道には若い女性、子供たちを中心に、人であふれ返った。原晋監督(50)は「メディアに出ることを、いろいろ言う人がいたが、やはりメディアへの露出は間違いなかった」とうなずいた。ライバルは他大学ではなく、野球、サッカーと公言する。3万人のファンからの祝福に、自らの露出が駅伝人気の向上と普及につながっていることを確信した。

     パレード前のあいさつでは「商店街のハーモニーで大店舗に対抗してください」と、4連覇時の「ハーモニー大作戦」をかけて沿道を盛り上げた。パレードに合わせ、人生初の美容院でツーブロックに決めた原監督は来季の目標について「中大、日体大に次ぐ5連覇。チャンスは十分ある」と自信満々に宣言した。

    1/28(日) 18:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00111267-nksports-spo

    写真no title

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/28(日) 18:27:13.08 ID:aZKr5Y2y0
    まあアンチも多いだろうけど、やり手であることは確かだわ
    たいしたもんだ

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/28(日) 18:40:00.22 ID:qqpOWpuN0
    明るい話題の少ない地域だから良かったよね
    横浜だったらこんなに注目されないかも

    “【箱根駅伝】<青学大・原監督>優勝パレードにファン約3万人!駅伝人気実感「露出間違いなかった」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/17(水) 00:21:09.52 ID:CAP_USER9

    今年の箱根駅伝で総合4連覇を達成した青学大チームが16日、東京・青山キャンパスで優勝報告会を行い、
    学生やファンら約1000人が集まった。

    原晋監督(50)は「今年は青山学院は大丈夫か?という言葉ももらったが、最後の箱根で4連覇できた。
    これから5連覇、6連覇も目指していく」と、中央大が持つ歴代最多記録の6連覇も射程に捉えた。

    最終的にはチャペルの鐘が美しい音色を響かせた。昨年の出雲、全日本で敗れた際、チームには不協和音も流れたが、
    箱根では本来の強さを発揮。この日は吹奏楽部の演奏に合わせてカレッジソングも歌い、名実共に見事な“生ハーモニー”を奏でた。

    4連覇すべてに貢献した田村和希(4年)は「12月の壮行会で公約したとおり、4つのメダルをぶら下げることができた。
    充実した4年間を過ごすことができ、これからは後輩に勝って欲しいので応援したい」と万感の表情を浮かべた。

    8区で3年連続区間賞を獲得した下田裕太(4年)は「(青学大は)知名度も上げてくれたし、力もつけさせてもらった。
    (8区は)幸せな21キロだった」と振り返り、「社会人になってチームを離れても、青学大に良い影響を与えられるようになりたい」と宣言した。

    報告会が終わり、選手や指揮官は建物内で報道陣の取材に応じたが、その後もカメラや色紙を持った熱心なファン約50人が寒空の下、待機。
    女子学生からは「監督のカリスマ性があるよね~」と指揮官の指導力をたたえる声も上がった。今後も青学時代が続くのか、注目度は増す一方だ。

    https://www.daily.co.jp/general/2018/01/16/0010902688.shtml
    no title

    no title

    no title


    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/17(水) 00:23:59.03 ID:JgpxNAzm0

    あーこれJDとの不倫スキャンダル来るな


    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/17(水) 00:33:48.39 ID:D9+Zq95B0

    >>3
    合宿生活が奥さんの力で成り立ってるとテレビで何度も見せてるから不倫やったらどれだけ叩かれることかw


    34: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/17(水) 09:10:12.42 ID:/NQjhL+I0

    おもしろく思わない他の学校がハニートラップ仕掛けてきそうだな



    “【駅伝】青学大の優勝報告会にファンら1000人集まる、出待ちも…女子学生「監督のカリスマ性があるよね~」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/05(金) 13:09:28.81 ID:CAP_USER9
    青学大・原監督が見据える箱根駅伝、全国化も大賛成
    [2018年1月5日10時30分 紙面から]

    箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は4日、関東学生陸上競技連盟から
    声が上がり始めた箱根駅伝を全国化する案に賛成する考えを示した。
    往路のテレビ視聴率(関東地区)が歴代1位になるなど、「日本全国の文化」であることを強調。
    地域活性化、少子化対策のためにも、全国化が欠かせないと持論を述べた。
    今後も同連盟の全国化の動きを後押ししていく。

    2日の箱根駅伝往路の世帯平均視聴率(関東地区)は歴代1位の29・4%をマーク。
    最も低い関西でも15%を超えた。青学大を史上6校目の4連覇に導いた原監督は
    「箱根駅伝は日本全体の文化財ですよ」と話し始めた。

    主催の関東学生陸上競技連盟から、第100回の記念大会となる2024年1月の箱根駅伝から
    全国に門戸を開くとの声が出始めている。「全国化の案には大賛成します。
    国民的イベントだし、もう関東村だけの限定ではおかしい。日本全体で支える形にするべきだと思う」。
    同連盟が具体的に動きだせば、全面的に協力する考えだ。

    全国化は人口減、少子化への対策にもなる。30年後には人口が1億人を割り、
    50年後には65歳以上の高齢者が4人に1人から2・5人に1人に増加するといわれている。
    深刻な少子化。「18~22歳の大学生の人口も当然減る。
    メジャーの野球、サッカーとの競技者の争奪戦はさらに激しくなる」。
    16年リオ五輪の最高視聴率も日本勢惨敗の男子マラソンと、長距離には根強い人気がある。
    「全国化することで、今より多くの子供たちに夢を与えられる」と続けた。

    過疎化など地方の危機が叫ばれる中で、全国化となれば「地方創生」にもつながる。
    「全国の大学が箱根への強化を始めれば、各地域に野球、サッカーのような少年チームが増えるはず。
    地域も活性化し、競技人口も増加する」。
    原監督は、全国化することで計り知れないメリットがあると思うからこそ、同連盟の動きを期待している。
    【田口潤】

    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201801050000118.html
    一夜明け、4連覇を伝える日刊スポーツを広げる青学大の原監督
    no title

    266: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/05(金) 14:42:16.30 ID:joVTO3pK0
    >>1

    箱根目当てで、
    関東に有力選手が集まりすぎる傾向があるからな。
    全国化されれば、
    地方にばらけて良いのよ。

    “【箱根駅伝】出場資格を全国へ拡大?青学大・原監督「全国化は大賛成」”の続きを読む

    このページのトップヘ