マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングに関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

PICK UP!

             

    実業団

    DrDLAwJUcAIS9zb
    356: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 17:39:00.28 ID:pHPNkAjC
    設楽悠、納得の区間賞=東日本実業団駅伝
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110300384&g=spo

    >設楽悠は来月2日の福岡国際マラソンに出場予定で、「注目度が高まっているのは感じている。タイムより勝負にこだわりたい」と意気込んだ。

    365: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 21:37:29.45 ID:ktPQoyI5
    つか、マラソンやってる中村や、設楽弟が駅伝でも結果残したら駅伝が弊害っていえなくなるな

    367: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 22:58:08.36 ID:Wwd8m3Tn
    マラソンメインなら駅伝は走れる
    駅伝メインだとマラソンは厳しい
    みたいなイメージ

    368: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 23:11:39.89 ID:1dMcUlCc
    >>367
    だよな。口町も佐藤悠基も区間賞近い走りだし、悠太や大塚見ても、まったく弊害にはなってないよな。高久は凡走で残念だったなぁ

    “「駅伝はマラソンにとって弊害」←設楽悠、中村、大塚…みんな活躍してるが?”の続きを読む

    2JsHtso_
    268: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 01:02:13.58 ID:DceICmDK
    東日本の枠12チームなのか
    JR東日本は今年も無理そうだな

    269: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 07:34:50.73 ID:J+EiWkC7
    東日本実業団駅伝の放送、当日ですらなくなった
    23日午後1時55分~4時50分、TBSで放送

    270: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 07:37:06.32 ID:b+I9H9jN
    中部とか関西はネット配信してくれるけど、関東・九州は無いんだな

    271: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/11/03(土) 09:34:37.09 ID:Wwd8m3Tn
    後日放送される駅伝なんて見るやついるのか

    “富士通が東日本実業団駅伝制す!九州は旭化成が3年ぶりV 感想まとめ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/31(水) 00:42:33.16 ID:CAP_USER9
    福岡県宗像市を発着点として10月21日に開催された全日本実業団対抗女子駅伝の予選会で、レース中に脚を故障した選手が四つんばいで進んだ一件は、今後の駅伝の大会運営に問題点を突きつけた。大学、実業団のランナーが主力の大半を占める日本長距離界において、駅伝が東京五輪の選手強化の軸の一つであることに変わりはない。賛否の議論が巻き起こったこの一件を考える

     アクシデントが起こったのは2区(3.6キロ)だった。岩谷産業(大阪市)の選手が終盤に転倒。選手は立てなくなり、残り約200メートルの距離を四つんばいで進んだ。

     主催する日本実業団陸上競技連合などによると、監督控室で中継を見ていた広瀬永和監督からは棄権させるとの要請があったという。だが、本人が続行の意思を示したため、審判は最後まで続けさせた。選手はたすきをつないだ後の診断で右すね骨折の大けがを負っていたことが分かった。

     今回は監督が訴えたとはいえ、本人が棄権を決断しにくい事情もある。日本発祥の駅伝は大会ごとにルールが異なっており、棄権した場合は今大会や箱根駅伝のように総合記録が参考扱いとなることが多い。会社や学校の看板を背負うだけに選手の重圧は大きい。

     旭化成元監督の宗茂氏は自身のツイッターで、九州一周駅伝(2013年終了)の「棄権した場合は区間最下位の記録に5分足したタイムが記録となる」という規定を取り上げ、「これが選手を守る最善のように思います。距離の短い女子駅伝なら、2分プラス程度でよいのではないでしょうか」とツイート。西日本スポーツの取材に対し「『棄権になるから』という理由で判断が鈍ってしまうより、生き残る可能性を残しておけば、早い段階で決断できる。審判も答えを出しやすい」と話した。

     各県対抗で10日間にわたって競われていた九州一周駅伝の規定は1993年の第42回大会の一件を機に改正された。宗氏が総監督を務めた宮崎県チームで、前年のバルセロナ五輪男子マラソンで銀メダルを獲得した森下広一氏(現トヨタ自動車九州監督)がレース中に脚を負傷。当時の規定により、次の走者が走れなくなった地点でたすきを受け取り、残りの距離と本来の区間を完走した。これが発端となり、2年後、より“選手ファースト”の規定に変わった。

     11月3日には福岡県で男子の九州実業団毎日駅伝が開催される。運営協力する福岡陸上競技協会の八木雅夫専務理事は「医師を呼んで判断を仰ぐことを徹底する」と対策案を示した。日本マラソンの強化の一端を担ってきた駅伝は変わるのか。注目が集まる。

    つづく

    10/30(火) 12:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010011-nishispo-spo

    写真
    no title

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/31(水) 00:43:07.92 ID:CAP_USER9
    【取材後記】

     取材の中で宗氏から聞いた「たすきは重い。けど軽い」という言葉が心に響いた。日本発祥の駅伝は「長距離走者の育成」という目的を持って発展した。宗氏はその意義を認めた上で、ツイッターで「駅伝は必要ですが、駅伝でつぶれてはダメ」とも発信している。

     日本で最初に五輪に出場したマラソンランナーの金栗四三氏は「日本の長距離、マラソンを強くしたい」と願って箱根駅伝や九州一周駅伝の創設に尽力した。チームを組んでリレー形式で競い合う方法は、責任感や競争意識を持つことで、質の高い練習につながるという考えからだ。五輪銀メダリストの森下氏も「『次につなぐ』という責任感を感じることで(自分自身を)追い込むことができる」と話した。

     正月の箱根駅伝はテレビ中継の効果もあって爆発的な人気を誇り、競技人口の拡大にもつながった。ただ、注目度の高さや選手が抱く責任感がレース中の選手に心理的な重圧をかけ、無理を強い、危険を招くことも多い。

     今回は監督が棄権を訴えたにもかかわらず、審判は選手の意思を優先して判断が遅れた。宗氏が指摘したように、そうせざるを得ない「空気」も問題だ。駅伝の本来の目的は何だったのか。東京五輪を目前に控えた今だからこそ、原点に立ち返る大会運営やルールづくりを急ぐべきだ。

    西日本スポーツ

    “宗茂「たすきは重い。けど軽い」 駅伝四つん這い問題はなぜ起きたか”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 23:11:50.81 ID:CAP_USER9
    ■「レースそのものが、成り立ってませんよね」

    ゴール直前で走れなくなり、這って次の選手にタスキを渡した女子駅伝選手をめぐって議論が起きている。

    10月21日に福岡県で開かれた第38回全日本実業団対抗女子駅伝の第4回予選会「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」。初出場となった岩谷産業の飯田怜選手がゴール直前で走れなくなり、膝を血だらけにしながら這ってゴールまで進んだのだった。

    この様子について、ネットでは「なんとしてでもタスキを繋ぐ姿に感動した」という声のほか、「なぜ止めないのか?」とか「救急車を呼んだほうがいい」など、監督に対する批判の声も上がった。

    ■「私だったら止める」

    箱根駅伝を4連覇した青学大・原晋監督は22日、TBS系「ビビット」に出演。「私だったら止める」と述べた。原監督は、「これは、私だったら止めるでしょうね」とコメント。「タスキ渡しまで、まだまだ、3〜400メートルありましたので。レースそのものが、成り立ってませんよね」などと答えた。

    しかし、原監督は、選手を止めるのは「最終的には監督判断となる」としながらも、コース全体が42.195kmと長いのに対し、飯田選手の担当した2区が3.6kmと短い区間だったことを挙げ、「短いので、こういったトラブルが発生するということが、大前提として想定されていない」と指摘。レース続行の判断に理解を示した。

    ■飯田選手のチームの監督は、レース中止の意向だった。

    日刊スポーツによると、岩谷産業の広瀬永和監督は、各チームの指導者が集まる監督室で飯田選手が倒れたときから、大大会役員に「(レースを)やめてくれ」と伝えていたという。

    しかし、途中棄権の意図が主催者側を通じて選手の元に届くまでタイムラグが生じ、コース上の役員に伝達したときには、飯田選手がゴールまで15メートルの位置にいた。コース上の役員は、動いている飯田選手を見て「見守ってしまった」のだという。

    広瀬監督は、「あの状況をみたら、どの指導者でも止める」と述べていた。

    no title


    https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/22/hara-aogaku_a_23567704/

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 23:13:06.71 ID:qMAe7MJY0
    うそつけ

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 23:15:29.03 ID:sEBCP2pn0
    箱根なら止めないけど(笑)

    13: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 23:23:08.34 ID:Kj/GPYXm0
    山登りのやつそのまま行かせてたやん

    “プリンセス駅伝の血だらけ襷リレーに青学大・原晋監督「私だったら止める」”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:33:36.73 ID:CAP_USER9
    全日本実業団対抗女子駅伝予選会(福岡県)で、倒れて走れなくなり、四つんばいになってたすきを渡した岩谷産業の2区・飯田怜(19)が骨折していた右すねの手術を受けることが24日、分かった。

    21日のレース後に福岡県内の病院に入院したが、近日中に大阪府内の病院に移って修復手術を受ける。このアクシデントを「美談」とする風潮について、同チームの広瀬永和監督(53)は「これは美談ではない」と指摘した。

    19歳のランナーが、近日中に手術を受けることが判明した。岩谷産業の広瀬監督は、飯田の状態について「骨が折れた状態なので、修復する手術をします」と説明した。飯田は右脛骨(けいこつ)骨折で全治3~4カ月と診断されて、福岡県内で入院。レースから3日後のこの日までに手術が決まり、近日中にチームがある関西の病院で移る。

    アクシデントは21日だった。飯田は残り200メートルで走れなくなり、四つんばいで進んだ。映像を見た広瀬監督は「やめてくれ」と棄権を申し出たが、コース上の審判員は本人の続行意思を聞いてストップをちゅうちょ。再度、同監督に意思を確認した。答えは同じだったが、タイムラグがあって飯田は両膝をすりむきながらあと約15メートルに到達。審判員は見送ってしまった。

    広瀬監督はこの日「審判長が止めるとか、医者が止めるとか(基準が)大会によって、ではなく、誰が止める権限を持つのかはっきりしてもらいたい。統一のルールを決めないとダメだと思う」。

    棄権はコース上の審判員に“差し戻された”形で、結果的にチーム側の2度にわたる棄権要請は実現せずレースは続いた。同監督は「(チームの申し出が通らず)大会側が止める権限を持つなら大会側でもいい。ただ(続行による結果への)責任を持ってください」と指摘した。

    飯田のアクシデントは「感動した」「止めるべき」と賛否両論を巻き起こしている。当事者の広瀬監督は「これは美談じゃない。200メートルも膝を引きずって今後どうなるか。影響があるのか、本当に復帰できるのか。
    今の時点で何ともいえない。それを『頑張った』とか『美談』とかいうのは…。アスリートファーストを考えると、ちょっと違うのではないでしょうか?」と違和感を口にした。

    20181025-00371719-nksports-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00371719-nksports-spo
    10/25(木) 4:47配信

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:40:12.66 ID:wiqgeZ/k0
    監督がストップさせればよかっただけの話しじゃないの?

    8: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 06:41:13.25 ID:oDM5WzDk0
    >>6
    ストップと運営に伝えたがタイムラグが数分あって本人に伝わらなかった

    34: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/25(木) 07:01:18.66 ID:Vxi47hlC0
    >>8
    事実は170m前時点で伝わってたらしい
    隣の審判員(70代男性)がずっと頑張れって声をかけ続けてたし、続けさせた

    脚のスネの骨が折れたら絶対安静なのにヤバすぎる

    “岩谷産業・広瀬監督「大会側は責任持って」 女子駅伝、飯田怜選手は手術へ”の続きを読む

    928: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/24(水) 07:28:10.00 ID:At2OZJMO
    アトランタ五輪マラソン代表の真木和さんが亡くなったそうです。
    ソースは愛媛新聞。

    929: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/24(水) 07:38:57.84 ID:4O6qoE09
    >>928
    あれ?若くね?
    真木を見て野口が藤田門下に行ったからなあ

    950: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/24(水) 14:06:55.71 ID:AyX1C8OA
    五輪代表の真木和さんが死去 女子マラソン、アトランタ12位

    2018102401001437
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018102401001410.html

    陸上女子1万メートルの元日本記録保持者で、1996年アトランタ五輪女子マラソン代表の
    真木和(まき・いずみ=現姓山岡=やまおか)さんが18日に乳がんのため大阪府箕面市の自宅で
    死去していたことが24日、分かった。49歳。愛媛県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。
     真木さんは愛媛・今治北高からワコール入り。92年に1万メートルの日本記録を樹立し、同年の
    バルセロナ五輪では決勝に進んで12位に入った。その後マラソンに転向し、初挑戦の96年
    名古屋国際女子で優勝。アトランタ五輪は12位だった。98年に現役を引退した。

    “【訃報】真木和さん死去、49歳 アトランタ五輪女子マラソン日本代表”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 07:57:13.45 ID:CAP_USER9
    21日の第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」の2区で、右脛(けい)骨を骨折した岩谷産業の選手が、中継所まで約300メートルをはって進んだアクシデントを受け、主催の日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長は22日、「今まで以上に選手の安全を第一に考えた大会運営を実施する。レース中の連絡方法などを検証し改善策を講じる」とコメントを発表した。

     骨折したのは岩谷産業の飯田怜(19)。大会本部によると、飯田は倒れた後も競技続行の意思を示した。同連合を通じてアクシデントを知った岩谷産業の広瀬永和監督は途中棄権を申し入れたが、審判に伝わった時には中継所まで残り20メートルほどになっていたため、審判は制止しなかった。飯田は結局、倒れてから5分以上かけて中継所にたどり着いた。その後、全治3~4カ月と診断された。

     岩谷産業広報部は22日、「監督の棄権要請にもかかわらず、結果として最後まで競技が続行された。誠に遺憾で、再発がないように運営の改善を願う」とコメントを発表した。

     また、3区では三井住友海上の岡本春美(20)が脱水症状を起こして何度も大きくふらついた後、コース脇の草むらに倒れ込み途中棄権した。同連合は、岡本のケースも含め、チーム側と大会本部や審判との連絡の取り方のどこに問題があったのかを検証する。

    20181022-00000048-mai-000-view
    10/22(月) 18:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000048-mai-spo

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 08:02:15.43 ID:cboAWlhZ0
    本当に連絡方法の問題か?
    決断か遅かったんじゃないか?

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 08:02:27.94 ID:gIt6i9C40
    運営とTV局がひどすぎ

    “実陸連、レース中の連絡方法見直しへ プリンセス駅伝で骨折も競技続行”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:50:05.66 ID:NgFx+KVO0● BE:299336179-PLT(13500)
     福岡県内で21日にあった実業団女子駅伝で、選手が約200メートルをはって進み、次走者にたすきをつなぐ場面があった。
    監督は棄権を決めたが、現場に連絡が伝わるのに時間がかかったという。その後、選手は足の骨折が判明。称賛の声の一方、陸上競技の専門家は「早めに棄権できていればよかった」と指摘する。

     アクシデントがあったのは、全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津)。福岡県宗像市と福津市の6区間計42・195キロのコースの第2区(3・6キロ)で、岩谷産業(大阪市)の10代の選手が転倒した。
    選手は中継所までの約200~300メートルを四つんばいになって進んだ。右足のすねを骨折していた。すりむいた両ひざから血が流れ、中継所で待つ選手は涙をぬぐった。

     沿道で応援していた男性(84)は、周囲の人と「がんばれ」と声をかけ続けたという。「責任感の強い選手。大したものだと拍手を送りたい」。一方、中継所でたすきを渡す場面を見た男性(77)は「まだ若く、将来性もある。本人の気持ちもわかるが、止めるべきだった」と話した。

     大会を主管した福岡陸上競技協会の八木雅夫専務理事によると、審判を乗せた監察車は転倒した選手の前を走っていた。異変に気づいた審判が近寄って声をかけると、選手は「(中継所まで)あと何メートルですか」と聞いてきたという。

     監察車には、主催する日本実業団陸上競技連合の関係者も同乗していた。関係者が発着点で中継を見ていた岩谷産業の広瀬永和監督と電話でやりとりしたところ、監督から「やめさせてくれ」と棄権の意思を伝えられた。同連合の鎌倉光男事務局長によると、それから審判への連絡に時間がかかり、棄権の意思が伝わったときには中継所まで残り20メートルほどになっていた。審判はレース後、「止めるかどうか迷ったが、もうすぐだからという気持ちだった」と話したという。

     岩谷産業広報部によると、選手は福岡県内の病院に搬送されて入院した。同社には「感動した」という称賛の声の一方、「なぜ止めなかったのか」といった批判も寄せられている。同社は「誠に遺憾であり、こうした事態の再発がないよう大会運営の改善を願う次第です」とコメントした。

    AS20181022004900_comm
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000085-asahi-spo

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:50:20.01 ID:NgFx+KVO0
    頑張りを認めてやれよ

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/22(月) 23:51:48.96 ID:FD+s5UHc0
    感動ポルノ

    401: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/23(火) 03:32:43.90 ID:qxTJb3ua0
    >>3
    まあまあかわいかったし
    まさにこれ

    “【プリンセス駅伝】監督からの棄権コール、審判が判断迷いレース続行”の続きを読む

    このページのトップヘ