マラソン速報

マラソンやジョギングに関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。エリートランナーからフィットネス目的のゆるゆるジョガーまで。相互リンク・相互RSSは随時募集中です。

PICK UP!

             

    瀬古利彦

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/02/04(日) 21:22:17.88 ID:CAP_USER9
    園田隼2位でMGC出場権、別府大分毎日マラソン
    2018年2月4日14時19分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201802040000421.html

    園田隼(16年12月撮影)
    no title


    <陸上:別府大分毎日マラソン>◇4日◇42・195キロ◇大分市高崎山・うみたまご前~別府市亀川漁港前~大分市営陸上競技場

    2020年東京五輪代表選手選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権をかけた別府大分毎日マラソンで、園田隼(黒崎播磨)が日本人トップの2時間9分34秒で全体2位に入った。園田はMGCへの出場を決めた。

    2時間10分40秒の記録を持つ園田が抜け出したのは30キロに差し掛かったところ。晴天の大分で、揺るやかなペースでレースが進行したが、ペースメーカー2人が外れたところでスパートをかけた。30キロ地点で1時間31分44秒。

    その後、2017年のロッテルダムマラソン12位のデスモンド・モクゴブと激しいデッドヒートを展開。勝負は最後の大分市営陸上競技場まで持ち込まれたが、2位に食い込んだ。

    園田はレース後のインタビューで「勝つという目標にはもう1歩でした」と悔しさをにじませた。

    優勝したデスモンド・モクゴブは2時間9分31秒。

    ──────────────────

    続きます。

    “【別大マラソン】園田隼が2位でMGC出場権獲得!優勝したモクゴブにトラック勝負で惜敗”の続きを読む

    company_television
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 08:59:05.87 ID:CAP_USER9
    日本人は「駅伝」が大好きだ。毎年1月には数々のレースがテレビ中継される。一方、五輪種目のマラソンでは日本勢の苦戦が続いている。

    日本の長距離界のために駅伝とマラソンを両立させる手はないのだろうか。元箱根駅伝選手であるライターの酒井政人氏は「2つの秘策がある」という――。

    ■マラソンにとって駅伝は邪魔な存在なのか

     日本人は「駅伝」が大好きだ。特に1月は駅伝のハイシーズン。元日の「ニューイヤー駅伝」(全日本実業団駅伝)から、「箱根駅伝」(東京箱根間往復大学駅伝競走)、「皇后杯 全国女子駅伝」、「天皇杯 全国男子駅伝」と立て続けに開催され、テレビ中継も行われる。

     一方、マラソンでは日本勢の苦戦が続いている。現役選手は世界記録と男子で4分以上、女子は6分以上も引き離され、昨夏のロンドン世界選手権では「入賞」にさえ届かなかった。テレビ視聴率も、襷をつなぐドラマ=駅伝ほど高くない。

     なぜ日本勢はマラソンで低迷するようになったのか。陸上関係者に聞くと、「駅伝がマラソンをダメにしたのではないか」という声が少なくない。つまり「駅伝がなければ、もっとマラソンを強化できる」と感じているようなのだ。

     ▼「駅伝は自分のキャリアの役には立っていない」

     昨年12月の「福岡国際マラソン」で現役日本人選手最速の2時間7分19秒(日本歴代5位)をマークした大迫傑(Nike ORPJT)に、「駅伝の経験は現在のキャリアに役立っているか? 」と聞いたところ、こんなアンサーが返ってきた。

     「僕の走りに関しては(役立っている点は)ありません。ただ学生スポーツとして、大学卒業してからも付き合っていける友人を見つけるためには、すごく助けになったと思います。人間関係を構築する意味ではすごく良かった。そのままでしたら友達は少なかったと思いますから(笑)」

     大迫の言葉には「駅伝」の“問題点”と“存在意義”が示されている。どういう意味か。この点を理解してもらうためには、駅伝とマラソンの関係について把握する必要がある。

    つづく

    1/21(日) 11:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180121-00024260-president-soci

    31: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 09:09:11.48 ID:h6WbDSTH0
    >>1
    長距離経験者ですら、
    マラソンと他の長距離種目を分けて考えてる時点で話にならんわなw

    何で他の長距離種目で世界と戦えてないのに、
    マラソンで世界と戦えると思うんだよ。

    まずはそこの説明をするのが先でしょうが。

    62: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 09:23:20.89 ID:IPmCCuvW0
    >>1
    スケジュールについてはおれが前から思ってたのと同じ
    けど元旦は外さんやろ、色んな意味で

    91: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/01/27(土) 09:33:54.81 ID:hCGSSJgG0
    >>1
    駅伝の1区間を42.195キロにすれば解決

    “<マラソン凋落>“元凶”は、駅伝とテレビ局...駅伝とマラソンを両立させる手はないのだろうか?”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2017/12/25(月) 15:05:49.33 ID:CAP_USER9
     俳優の役所広司(61)が主演を務めたTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が24日に25分拡大で放送され、平均視聴率は20・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。第8話の17・5%を大幅3・0ポイント上回り、自己最高を更新。前週15・7%からは大幅4・8ポイント増となり、一気に初の大台超え。有終の美を飾った。

     今年の民放連続ドラマのうち、20%超えは10月クールのテレビ朝日「ドクターX?外科医・大門未知子?」に続き、2作品目。

     直前の午後7時からは、2時間のダイジェスト番組(7・9%)を緊急特別編成。最終回本編と並行し、総集編に挟み込むスピンオフを新たに撮影した。クランクアップは最終回2日前の22日。キャスト&スタッフはまさに、劇中の“陸王”作りのごとく“総力戦”に挑んだが、努力が実った。

     瞬間最高視聴率は午後10時16分などの23・1%(6地点)。大地(山崎賢人)がメトロ電業に行くことを、父・紘一(役所広司)に告げ、父子が会話を交わす感動のシーンだった。

     第1話(10月15日)は日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」2時間スペシャル(20・4%)、第2話(10月29日)はフジテレビ「プロ野球・日本シリーズ」(11・2%)、第4話(11月12日)はテレビ朝日の映画「シン・ゴジラ」(15・2%)、第6話(11月26日)は日本テレビ「誰も知らない明石家さんま」(13・9%)、第7話(12月3日)はテレビ朝日「M―1グランプリ2017」(15・4%)と裏の強力番組とぶつかってきた。

     その中、第1話=14・7%、第2話=14・0%、第3話=15・0%、第4話=14・5%、第5話=16・8%、第6話=16・4%、第7話=14・7%と好調に推移。第8話=17・5%と自己最高をマークし、第9話=15・7%。今回はフジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権」(11・8%)と激突したが、見事に大台超えを果たした。全10話の期間平均は16・0%。

     昨年7月に発売された作家・池井戸潤氏の同名小説(集英社)をドラマ化。同局による池井戸氏作品のドラマ化は「半沢直樹」(2013年10月クール)「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年4月クール)「下町ロケット」(15年10月クール)に続き、4回目。経営危機にある創業100年以上の老舗足袋業者「こはぜ屋」が会社存続を懸け、ランニングシューズ“陸王”の開発に挑む企業再生ストーリー。脚本・八津弘幸氏、チーフ演出・福澤克雄氏のゴールデンコンビが、またもタッグを組んだ。

     役所の連続ドラマ主演は02年のフジテレビ「盤嶽の一生」以来15年ぶり。TBSの連ドラ主演となると、1997年7月クール「オトナの男」以来20年ぶり。こはぜ屋の4代目社長・宮沢紘一を演じる。紘一の長男・大地に山崎賢人(23)、こはぜ屋のランニングシューズを履く「ダイワ食品」陸上部の長距離ランナー・茂木裕人に竹内涼真(24)と今をときめく若手人気俳優をキャスティング。箱根駅伝3連覇の青学大陸上競技部長距離ブロックの原晋監督(50)が走法指導と監修として参加。竹内らランナー役の出演者を鍛え上げた。

     最終回は、フェリックス社長・御園(松岡修造)に提案した業務提携を拒否された宮沢(役所広司)の会社は、再びソールの素材「シルクレイ」の売り込み先を探し始める。一方、念願だった豊橋国際マラソン大会に出場する茂木(竹内)は“陸王”ではなく、小原(ピエール瀧)のアトランティスが開発したランニングシューズを履くことを決意。大地(山崎)と村野(市川右団次)は茂木を応援している証しに、最後の“陸王”を監督・城戸(音尾琢真)に手渡そうとしたが「茂木を悩ませるだけだ」と一蹴される。その中、御園から宮沢に、ある提案が投げ掛けられる…という展開だった。

    2017年12月25日 09:00
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/25/kiji/20171224s00041000271000c.html

    画像
    20171225s00041000103000p_view


    “【ドラマ】「陸王」最終回は初の大台超え20.5% 自己最高で有終の美!”の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング