マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

PICK UP!

             

    箱根駅伝

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:27:01.83 ID:CAP_USER9
    ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

    第95回東京箱根間往復大学駅伝競走復路は3日、神奈川・箱根町スタート、東京・千代田区大手町の読売新聞社前ゴールの5区間109・6キロで行われ、往路2位の東海大が往路優勝の東洋大を8区で逆転し、悲願の初優勝を飾った。
    スピードを持ち味とする東海大は、両角速(もろずみ・はやし)監督(52)の指導のもと、この夏、泥臭い走り込みの練習に方向転換。
    一時、故障者が続出し、チーム内には不満が噴出したが「世界を目指すための第一歩として箱根制覇」でチーム内は団結し“平成最後の箱根駅伝”で栄冠にたどりついた。

    1年前「箱根0区」で大ブレーキを喫した小松陽平(3年)が初優勝の立役者となった。8区で、首位の東洋大と4秒差の2位でタスキを受けた小松はスタート直後に東洋大の鈴木宗孝(1年)に追いつくと我慢比べの並走。
    14・6キロで満を持してスパートし、一気に鈴木を突き放した。1997年に山梨学院大の古田哲弘がつくった10区間で最古の区間記録(1時間4分5秒)を15秒更新する1時間3分50秒で走破し、首位に立った。

    前回大会、小松は1万メートル28分35秒63の学生トップクラスのタイムを持ちながらスタミナ不足という理由で16人の登録メンバーから外れた。
    一昨年12月30日、登録メンバー外の選手が参加する2万メートルの学内記録会。400メートル50周と気が遠くなるようなレースは「箱根駅伝0区」と呼ばれる。
    小松は序盤は快調に先頭集団を走ったが、後半に失速。20キロを走り切る力を持っていなかった。しかし、1年後、まるで見違えるような力強い走りで母校に初優勝をもたらした。

    「区間記録って97年で自分が生まれた年なので、そんな記録を破れるとは思っていませんでした。
    6区の中島怜利(3年)、7区の阪口竜平(3年)が東洋大との差を詰めてくれて最高の状態でつないでくれたので楽しんで走れました。
    これ以上ない仕事じゃないかと思うくらい、100点満点の走りができました」と小松は満面の笑みで話した。

     スピードを持ち味とする東海大はこの夏、新たな取り組みに挑んだ。両角監督が初めて「今回は箱根で優勝を狙う」と宣言して夏合宿がスタート。
    例年のスピード練習よりも泥臭く走り込んだ。湯沢舜(4年)、郡司陽大(3年)、西田壮志(2年)らスタミナ型の選手が成長を見せた反面、例年より故障者が増えた。
    チーム内には疑問と不満が沸き上がったが、両角監督は基本方針を変えなかった。その中でたくましく成長した選手の象徴が小松だった。

    tokaiv
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010000-spht-spo
    1/3(木) 13:25配信

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:27:26.01 ID:ymMG4IX20
    東海大おめでとう!

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:28:12.41 ID:bhhzPZ1A0
    オメ!
    村澤も佐藤悠基も喜んでおられよう

    16: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:28:23.48 ID:tudqE04o0
    青学も底力はあるよな。5区だけが惜しかった。

    “東海大が悲願の箱根初優勝!8区・小松陽平が“最古の区間記録”更新など”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:40:07.12 ID:CAP_USER9
    関東地方の大会ではあるものの、今や日本全国におけるお正月の風物詩になっているのが「箱根駅伝」だ。日本テレビが2日間に渡って全区間を生中継しているが、カメラ台数やスタッフの数などは一般的な番組の10倍以上ともいわれる。これだけ大掛かりな番組となれば制作費も莫大なのだろうが、果たしてどのくらいのコストがかかっているのだろうか。

    「結論から言えば2日間の生中継にかかる経費、つまり総製作費はおよそ7億円と言われています。高いか安いかは判断が分かれるところでしょうが、少なくとも現場を知っていれば無駄な経費はないため、必要な経費と考えています」(テレビ局スタッフ)

    通常の番組の中には1000万円以下で制作するケースも多くあるため、放送時間が長いとはいえかなりの高額だ。内訳はどうなっているのか。

    「スタッフは1000名を超え、系列局や技術制作会社から大量のスタッフを国内各地から集めています。さらに中継車や中継機材も全国からレンタルしています。あとは事前取材の活動費や編集費もかかります。これらの経費だけで5億円ほどかかります。それ以外に宿泊費や食事代などの雑費が1億円ほどかかってきます」(同)

    この合計はおよそ6億円ということになるが、残る1億円は何に使われているのか。

    「残る1億は保険のようなものです。無駄と言われればそれまでですが、箱根の山から生中継するためにバックアップ用の設備や人員を配置しています。そのための費用がおよそ1億円かかっています」(同)

    バックアップには1億円とは凄まじいが、こちらの内訳を聞けば納得できる金額でもあった。

    「箱根の山は気流が激しくヘリが飛べないこともあります。通常、箱根の山を選手と共に登る中継車の映像は上空を呼ぶヘリに飛ばしたあと東京に送られていますが、ヘリが飛べない場合には近隣に設置したアンテナを使って電波を飛ばします。さらに一部のカメラからの映像が天候次第では届かないケースも考えられますので、その際に保険として設置しているカメラがあります。これらのバックアップ用の機材やスタッフ、中継車などにもお金をかけています」(同)

    これだけのバックアップであれば高額な費用がかかるのも頷ける。

    「あとはどうしても生中継できる映像がない場合に備えて過去の名場面やインタビューをまとめたVTRも用意しています。何事もなく生中継が進行すれば世には出ないVTRですが、これらを作るのにもお金がかかります。また、カメラマンなどは長時間に渡ってトイレに行けないので紙おむつも用意していますが、こうした細かいお金も『箱根駅伝』では重要な必要経費なんです」(同)

    お金として見れば7億円は高額だが、あの箱根の山を含む完全生中継をおこなうためには、これぐらいのお金が必要であり、決して無駄とは言えないはずだ。お正月の風物詩として当たり前に流れる映像だが、そこには多くの方々の苦労があることを忘れてはいけない。

    0c91ef38eaebbc00eaba014363fa3
    http://dailynewsonline.jp/article/1636860/
    2019.01.03 08:30 トカナ

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:42:15.39 ID:wrsZH4be0
    一人一万円として1000万か

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:42:22.84 ID:0/6Krc5r0
    24時間テレビよりはマシだろ。

    “箱根駅伝の制作費が超ヤバ過ぎる!スタッフは1000名超え、値段は…!?”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:31:31.15 ID:CAP_USER9
    第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、
    往路で6位と出遅れた青学大は総合2位に終わり、史上3校目の総合5連覇と大学駅伝3冠はならなかった。

    往路優勝の東洋大から5分30秒差でスタートした山下り6区(20・8キロ)の小野田勇次(4年)は、終盤に法大を抜いて5位に浮上する快走で57分57秒の区間新記録をマーク。東洋大との差を5分15秒に縮めた。

    7区(21・3キロ)の林奎介(4年)は2キロ手前で国学院大を抜いて4位に浮上すると、15キロ過ぎには並走していた駒大を突き放し3位。6区の小野に続き、2区間連続の区間賞で東洋大に3分48秒差に迫った。

    8区(21・4キロ)を任された飯田貴之(1年)は堅実な走りを見せたが、1時間3分49秒の区間新記録をたたき出し、東洋大を抜いてトップに立った東海大の小松陽平(3年)に、その差を4分29秒に広げられた。

    9区(23・1キロ)の吉田圭太(2年)は区間賞を獲得し、2位の東洋大に8秒差まで迫ると、最終10区(23・0キロ)を任された鈴木塁人(3年)がレース序盤で東洋大を捕まえ2位に浮上。
    総合5連覇と大学3冠は逃したが、王者の意地を示した。

    aogaku002
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000512-sanspo-spo
    1/3(木) 13:28配信

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:32:38.81 ID:Ow4WBtK30
    復路優勝か

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:33:18.95 ID:V8hWGYq50
    対東海大だと猛追って程は詰めてないよね

    10: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:35:00.72 ID:woVwyeHw0
    往路優勝、復路優勝、総合優勝
    バラバラの年も珍しいな

    “【箱根駅伝】青学大は総合2位 往路6位から猛追も5連覇&3冠逃す”の続きを読む

    Dv9ajelUUAAT8Ah
    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:22:20.26 ID:phhthGsm0
    原監督「復路優勝、総合2位の何がアカンのですか?」

    15: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:22:20.76 ID:gK/vP2Wn0
    きたああああああああ

    34: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:22:53.31 ID:cw2rt/Z30
    これ最高の気分だろうなぁ

    38: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:22:57.20 ID:u8aNgcf+0
    初優勝おめでとう

    42: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 13:23:06.23 ID:0vNLPdUT0
    東海大おめでとう!!!

    “【速報】東海大が箱根駅伝初優勝!大本命・青学の5連覇阻止”の続きを読む

    keiba_jockey
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/12/30(日) 11:21:53.18 ID:G7q7Va2J0
    途中で走るのを止めてガッツポーズしだす

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/12/30(日) 11:22:57.28 ID:mvW1Rb4l0
    感謝祭の団長みたいに最初から全力疾走

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/12/30(日) 11:24:36.11 ID:72ZBCDNm0
    違うチームの襷を受け取る

    “【競馬板】山田が箱根駅伝の選手だったらありがちなこと”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 10:11:05.68 ID:CAP_USER9
    「箱根駅伝・復路」(3日、神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場~大手町)

    2年連続の往路優勝を飾り、5年ぶりの総合優勝を狙う東洋大は7区小笹椋主将(4年)は、終盤苦しい表情を見せながら、なんとかトップを守って8区鈴木宗孝(1年)へとタスキをつないだ。

    1分8秒差でスタートした2位東海大の阪口竜平(3年)は、わずか4秒まで差を詰めてタスキリレー。当日変更で入った小松陽平(3年)に首位奪還を託した。

    往路6位から逆転での総合5連覇を目指す青学大は、5位でスタートすると1・7キロ付近で4位に浮上。9・6キロ過ぎに3位駒沢大に並び、並走の末に突き放した。

    20190103-00000043-dal-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000043-dal-spo
    1/3(木) 10:06配信

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 10:11:42.62 ID:VJRJ/RgO0
    結局原監督の演出かぁ

    9: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 10:13:40.91 ID:woVwyeHw0
    これは面白くなってきたな

    “【箱根駅伝】7区終え東洋大が首位、東海大と牽制続く…3位青学は差をつめる”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:10:57.45 ID:CAP_USER9
    ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

    5年ぶりの総合優勝奪還を目指す東洋大は、6区の今西駿介(3年)が一時は区間記録を上回る快走をみせて58分13秒で1位で小田原中継所に姿を見せた。そして7区の小笹椋(4年)にたすきをつないだ。

    2位の東海大・中島怜利(3年)も58分7秒の好記録で7区につないだ。

    逆転での5連覇を目指す青学大は小野田勇次(4年)が5分30秒差で6番目に芦ノ湖をスタートし、57分57秒の区間新記録で走り切った。

    20190103-00000053-sph-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000053-sph-spo
    1/3(木) 9:04配信

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:12:36.65 ID:DbYkAAxn0
    5位まで追い上げてきたな

    22: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:21:10.56 ID:DrY+EmOB0
    >>4
    55作戦通りだな

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:12:54.44 ID:Pcq4ZYiX0
    小野田区間新出しても差が詰まらないね

    64: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 09:51:58.55 ID:yk7dWRyU0
    >>6
    16秒しか詰まってないしな

    “青学・小野田勇次、山下りで57分台の区間新!首位の東洋大・今西も快走”の続きを読む

    164: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 04:56:12.41 ID:08LU+5ne
    往路Vの東洋大、当日配置転換に負傷明け相沢応えた

    20190103-00434838-nksports-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00434838-nksports-spo

    東洋大が5時間26分31秒の新記録で、2年連続で往路を制した。4区(20・9キロ)で相沢晃(3年)が、大会直前まで左足負傷に悩みながらも1時間54秒の区間新の快走。5年ぶりの総合優勝に向けて大きなアドバンテージを作り、5連覇を狙う6位青学大に立ちふさがった。2位に東海大が1分14秒差、3位は国学院大が2分44秒差で続いた。今日3日の復路は午前8時にスタートする。

    大会直前には、考えられなかった区間新だった。
    昨年11月の全日本で左腓骨(ひこつ)筋を負傷。クリスマスごろまで痛みを引きずり
    「本当に箱根駅伝を走っていいのか。走りたくない」と弱音が出るほどに落ち込んだ。
    それでも大みそかにようやく快方すると、この日も痛みはなく「100点以上の走り」と自画自賛。

    ようこんなので走るわ。治ったのすげえ直前じゃん

    176: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 05:51:58.21 ID:ipHNvuWG
    >>164
    東洋のインスタに相澤写ってない事が多かったな ほんとに治療院でも行ってたのかもしれん
    過去、旗の台の整骨院行ってる選手いたし

    毎年恒例だが相澤、故障の書き込みもあったしな

    “往路Vの東洋大、当日配置転換で区間新の相澤晃 直前まで負傷で悩み”の続きを読む

    このページのトップヘ