マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    育成

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/08(土) 20:44:38.07 ID:X+uPKCDJ9
     世界が認める大器が日本の100メートルの歴史を鮮やかに塗り替えた。米フロリダ大のサニブラウン・ハキームが7日(日本時間8日)、全米大学選手権決勝で9秒97の日本新記録をマークした。20歳の大学生はスポーツマネジメントに興味を持ち米国へ留学。学問と競技を両立しながら、快記録をたたき出した。

     レース直後、サニブラウンは米国での競技生活を、こう語った。「コーチはしっかり話を聞いてくれるし、英語とか言葉のバリアーはないと思う。この環境は日本では体験できない。こういうところでチャレンジしてくる人が増えたらいい」

     2017年春に東京・城西高を卒業し、同年秋からフロリダ大へ。海外の大会への参加手続きで苦労した経験を教訓に、引退後の選択肢として代理人に興味を持ち、国際的な視野でスポーツマネジメントを学びたかったという。

     陸上で全米トップレベルのフロリダ大はサポートスタッフや分析機器が充実し、高いレベルで刺激を受ける。文武両面で最も良い環境で学べるように、日本では塾に通って英語力を磨いてきた。

     米国の大学には、トップ選手であっても「学生は学業を本分とすべきだ」という考え方が根付いている。学業をおろそかにしては大会に出場できない。サニブラウンも入学当初は「家庭教師のような制度があり、大学のスポーツ選手用の勉強の建物もある。帰ってから宿題も多い」などとこぼしていた。

     しかし、最近は自身のツイッターで英語を使うなど、現地の生活にも慣れてきたようだ。この日の400メートルリレーの表彰式では、チームメートと笑顔で表彰台に上り、大学のマスコットであるワニが口を開ける姿のポーズも取った。取材中には大学のチームメートで男子ハンマー投げのマクファーランドが飛び入り。がっちりと肩を組みながら「彼は素晴らしいゲーターズだ(フロリダ大のチーム名はゲーターズ)」とたたえられるなど、すっかりチームにも溶け込んでいる。

     桐生祥秀(よしひで)(日本生命)が17年に日本選手初の9秒台となる9秒98を出した時、サニブラウンは「寝ている間に出していた」と平然と話した。海の向こうで文武両道を貫きながら己を磨き、来年の東京五輪で再び、新たな歴史を刻む。【オースティン隅俊之、新井隆一】

    20190608-00000065-mai-000-view
    6/8(土) 19:11配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000065-mai-spo

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/06/08(土) 20:52:01.63 ID:zRHdKRlt0
    現役後を考えたら、勉強しとくに越したことはないな。

    クレバーじゃん

    “文武両道のサニブラウン、家庭教師で宿題こなす スポーツマネジメント学ぶ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/30(木) 23:22:53.94 ID:pl4wQUdi9
    【マラソン選手の闇】過酷な食事制限で摂食障害、食べ物を買う財布を取り上げられ、吐くための食べ物を盗むことが万引きのキッカケに

    https://twitter.com/asahicom/status/1134056177808105472?s=21

    「吐くための食べ物」を盗むことが、元日本代表の万引きのきっかけでした。間食をやめさせようとした指導者に財布を取り上げられ、食べ物ほしさで手が伸びた、と振り返ります

    no title


    https://www.asahi.com/articles/ASM5M5KNLM5MUTQP01L.html

    元日本代表、活躍さなかの万引き 財布取り上げた指導者
    有料会員限定記事
    榊原一生
    2019年5月30日19時30分

     彼女は再び走り始めた。
     「自分の過去を知って受け入れてくれる人が仕事先などにいるので、安心して生活できています」
     弁護士を通じたメールでの取材に、本人から丁寧な答えが返ってきた。

     原裕美子、37歳。女子マラソンの日本代表として活躍した経験を持っている。そして、窃盗の罪を犯した過去も……。

     2017年夏、コンビニで化粧品などを盗み、逮捕された。18年には執行猶予中に再び万引きをし、有罪判決を受けた。衝動的に繰り返してしまう精神疾患の一種、クレプトマニア(窃盗症)だった。

     万引きのきっかけは、「吐くた…
    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です
    有料会員になると続きをお読みいただけます
    残り:851文字/全文:1092文字

    4: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/30(木) 23:24:42.94 ID:oZEk5UrG0
    吐くた…

    7: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/05/30(木) 23:25:42.41 ID:ZOflUzLZ0
    スポーツ選手て結構犯罪者多いんだよな
    エンドルフィン出すぎると犯罪おかしやすくなるんじゃないの?
    これって関連性研究する価値あるよ

    “元日本代表、活躍さなかの万引き…摂食障害、財布取り上げた指導者”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/25(木) 10:15:06.86 ID:2uK2VV249
    女子マラソン界にひとつの時代を築いた“名伯楽”小出義男さんが亡くなった。80歳だった。髭面にサングラス。風貌通りに豪快で型破りな人だった。いつも酒の匂いがプンプン。 
    ここではとても文字にできないような下ネタで、有森裕子や、高橋尚子を平気でからかうが、「監督!もういい加減にして下さいよ」で済む。それだけの師弟の“絆”と、すべてが許されるような大きな“父性”が小出さんにはあった。
    以前、働いていた新聞社が、大阪女子マラソンを主催していたこともあって、有森、鈴木博美、高橋と、毎大会、初マラソンに挑む若手を大会に送り込んでくれていた小出さんとは、何度か酒席を共にさせてもらった。
    大阪の北新地のような派手な場所は嫌い、当時、選手村があった豊中・千里界隈の居酒屋を好んだ。スタッフを帰らせると最後は選手村内の大会本部にやってきて、山ほどの缶ビールと、柿ピーを事務机の上にばらまいて、そこが即席の二次会会場となった。
    小出さんの独演会。下ネタあり、笑いありの会だったが、有森、高橋らの裏エピソードや自らのマラソン人生を面白おかしく語ってくれた。そして酔いがとことん回ると日本の陸上界、教育界への提言に行きつく。
    「オレさ。こんな酔っ払いだけど、考えてんだよ?」
    マラソンを愛し、教え子を愛した。忘れられないのは、バルセロナ五輪の銀メダルに続き有森がアトランタ五輪で獲得した銅メダルの裏側にあった壮絶なドラマだった。

    小出さんには先見の明があった。
    23年務めた市立船橋高校の教師時代から女性の時代が来ると読んでいた。
    「世の中が豊かになると女性の時代がくる。陸上で金メダルを取るなら女性だ」
    まだ五輪のマラソンに女子が作られていない時代の話である。ちなみに五輪の女子マラソンのスタートは1984年のロス五輪からだ。
    「女は男より我慢強い。向上心も強い。優れている。身体能力ではアフリカ勢や欧州勢に劣るかもしれないが、オレが作るトレーニングに耐えられれば負けない」
    小出さんは、陸上エリートを好まなかった。有森も高橋も高校、大学時代は平凡な記録しか持たない無名ランナーであり“押しかけ入門”である。小出さんは、選手を獲得する際の決め手を「性格なんだよ」と言っていた。
    負けん気とチャレンジャー精神。有森も、鈴木も、高橋も、負けん気は人一倍強かった。何ごとにもオープンな小出さんは言葉巧みに彼女の負けん気を記録に乗せていく。
    その最初の代表格が有森だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00010001-wordleafs-spo
    4/25(木) 7:14配信

    no title

    no title

    “【陸上】豪快で繊細。命がけで選手を守った故・小出義雄氏の指導哲学”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/25(木) 10:19:17.36 ID:2uK2VV249
    00年シドニーオリンピック(五輪)陸上女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育成した名指導者の小出義雄さんが24日午前8時5分、千葉県内の病院で亡くなった。80歳だった。

    死因は肺炎。3月下旬から入院し、一時の危篤状態から回復の兆しを見せていたが、容体が急変した。3月末には指導の第一線から退いていた。
    有森裕子さん、高橋さんらを五輪のメダリストに導いた名伯楽が平成の終わりとともに、この世を去った。

       ◇   ◇   ◇

    平成の終わりまであと1週間。平成の陸上界を彩った名伯楽が亡くなった。3月26日に千葉・佐倉市内の自宅で倒れ、千葉・浦安市内の病院へ救急搬送された。一時は危篤状態に陥り、集中治療室(ICU)で処置を受けていた。笑いながら「あと2、3日だな」と口にしていたという。死期を悟ってか「俺、入院しているから」などと教え子らに電話をかけていたという。
    その後は回復の兆しを見せていたが、23日夜から容体が急変。午前8時5分に帰らぬ人となった。死因は肺炎だった。午後3時すぎ、亡きがらは千葉・佐倉市内の自宅に運ばれた。近所の住民ら弔問客が訪れた。

    近年は入退院を繰り返していた。手術した心臓にはペースメーカーを入れ、肝臓、腎臓も弱っていたが、現場に強いこだわりを持っていた。3月10月の名古屋ウィメンズマラソンにも姿があった。自身が代表を務める佐倉アスリート倶楽部は3月末、実業団ユニバーサルエンターテインメントとの指導業務の委託契約が満了。同時に指導の第一線も退いた。
    それからわずか24日後の訃報。まさに現場に生きた指導者だった。入院前、親族には「いい人生だったな」と話していたという。

    千葉・佐倉市出身。順大を卒業後、千葉県内の公立高校の教員となった。86年には市船橋高を全国高校駅伝優勝(男子)に導いた。88年に教師を辞め、実業団選手を指導するようになった。素材を見抜く力にたけ、選手の心をつかむ、褒めて伸ばす指導で多くのレジェンドを育てた。
    猛練習だけでなく、日本でいち早く高地トレーニングも導入するなど、科学的な視点も持ち合わせていた。五輪で女子マラソン初の金メダルを獲得した高橋尚子さんら育てた。92年バルセロナ五輪銀、96年アトランタ五輪銅の有森裕子さん、97年世界選手権金の鈴木博美さん、03年世界選手権銅メダルの千葉真子さんらも教え子だ。

    まさに女子マラソン界の歴史と常識を塗りかえてきた平成の名伯楽。野武士のような風貌でも人気を博した。平成の時代をまっとうし、令和の前に天国へ旅だった。

    ◆小出義雄(こいで・よしお)1939年(昭14)4月15日、千葉県佐倉市生まれ。
    千葉・山武農高(現大網高)を出て一度は家業を継ぐなど働いた後、順大に進んで箱根駅伝に3度出場。
    千葉県の佐倉高や市立船橋高などで教員を務めてから88年に実業団のリクルートの監督に就任。
    97年に積水化学女子陸上部監督に就任。
    01年6月に佐倉アスリート倶楽部(AC)を設立し代表取締役兼監督に就任。
    02年12月に積水化学を退社し、佐倉ACに籍を置き、ユニバーサルエンターテインメントなどで指導していた。

    20190424-04240773-nksports-000-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-04240773-nksports-spo
    4/24(水) 21:58配信

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/25(木) 10:21:18.74 ID:f6+CdEwf0
    ぎりぎりまで現場にいてぽっくり逝くのはほんとにいい人生だよなぁ

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/25(木) 10:22:08.58 ID:CvkTwsht0
    名伯楽ってかっこいい

    “小出義雄さん、死期を悟って…「いい人生だったな」 死因は肺炎 ”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 20:47:43.68 ID:WiZNXulc9
    no title


    佐倉アスリート倶楽部(AC)の小出義雄さんが24日、死去した。80歳だった。
    小出さんの指導を受け、2000年シドニー五輪の女子マラソンで金メダリストに輝いた「Qちゃん」の愛称で知られる高橋尚子さん(46)はこの日、報道各社にファクスを送信し「今の自分があるのも小出監督のおかげです」と悼んだ。

    高橋さんは「オリンピックでメダルを獲れたのも世界記録を出せたのも、今の自分があるのも小出監督のおかげです。弱い私を根気よく指導して下さって、一緒に走って下さって、自信をつけさせて下さって、監督の大切な時間を費やして下さって、オリンピックでメダルを獲らせて下さって、ありがとうございます、と何度言っても伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝を吐露。そして「たくさんのことを教わりました。監督の笑顔をもっと見たかったし、お話しももっと聞きたかったです。これからは大好きなお酒をたくさん飲んで、思いっきりかけっこしてください」と続け、天国の恩師へメッセージを送った。

    小出さんは今年3月で指導者を勇退。近年は入退院を繰り返して現場に出る回数も減っていた。過去には心臓の手術を受けたこともあり、調子が良い日と悪い日の差があり、現場に立つことは厳しい状況だった。

    小出さんは明るく豪快な性格と素質を見抜いて褒めて伸ばす指導力で知られ、多くの名選手を育てた。
    教員を23年間務めた後、1988年に実業団のリクルートの監督に就任。高橋さんのほか、マラソンで92年バルセロナ五輪銀、96年アトランタ五輪銅メダルを獲得した有森裕子さん(52)らを育成した。積水化学に移籍した97年は世界選手権で鈴木博美さん(50)を金メダルに導いた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16366056/
    2019年4月24日 16時1分 スポニチアネックス


    11: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 20:50:53.20 ID:d8H28B/A0
    一時期 絶縁状態なかったっけ?

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 20:51:45.53 ID:TqXB03KK0
    >>11
    今も絶縁だろ
    こんなゴーストライター丸出しの長文を亡くなった当日に出すとか

    26: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 20:58:04.71 ID:esTnnXs20
    >>14
    産経の有森裕子インタビューを読む限り、最近もかなり頻繁に会っていたらしい。
    有森も。高橋も。

    一時的に喧嘩をしたとしても恩人だしね。
    小出監督も朝鮮人みたいに半万年恨んだりしないでしょ?

    119: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 23:57:07.65 ID:6Q0thW7D0
    >>26
    普通にランニングイベントで一緒にしゃべってるよ
    不仲にしておきたい奴らがいるんだな

    “高橋尚子さん「今の自分があるのも小出監督のおかげ」 恩師・小出さんに感謝”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 12:13:52.49 ID:WiZNXulc9
    陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんら数々の名選手を育成した小出義雄氏が24日、死去した。80歳だった。

     千葉・山武農高(現大網高)を出て家業を継ぐなど働いた後、順天堂大に進んで箱根駅伝に3度出場。千葉県の佐倉高、市立船橋高などで教員を23年間務め、1988年にリクルートの監督に就任。マラソンで92年バルセロナ五輪銀、96年アトランタ五輪銅メダルを獲得した有森裕子さんらを育てた。

     高橋さんらと共に積水化学に移籍した97年は世界選手権で鈴木博美さんを世界一に導き、2000年シドニー五輪で高橋さんが陸上の日本女子で初の金メダルを手にした。

    f_12270865
    https://www.daily.co.jp/general/2019/04/24/0012270838.shtml
    2019.04.24

    16: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 12:15:11.36 ID:2WufPshc0
    まじかよ

    20: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 12:15:14.91 ID:G9NoY0sP0
    心臓悪かったもんな
    つかもっと若いと思ってた

    9: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 12:14:35.19 ID:j2LHnUA00
    つい最近引退したばかりじゃなかった?

    134: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/24(水) 12:20:30.19 ID:SfBP+a720
    >>9
    長くないのがわかっていたんだろね

    “【訃報】陸上の小出義雄氏が死去 高橋尚子さんら名選手を育成”の続きを読む

    676: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/11(木) 18:56:24.23 ID:Toa0AFCW
    ノーリツ新監督に安藤、清田育てた里内正幸氏が就任
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-04110442-nksports-spo
    20190411-04110442-nksports-000-view

    陸上の実業団女子のノーリツは11日、新監督に元スズキ浜松ACでコーチを務めていた里内正幸氏(42)が就任したと発表した。同日付となる。

    里内氏はスズキ浜松AC時代、現在はワコールに所属し、日本歴代4位となる自己ベスト2時間21分36秒を持つ安藤友香(25)、自己記録2時間23分47秒の清田真央(25)の2人を17年世界選手権(ロンドン)の女子マラソン代表に育てた経歴を持つ。その後は指導の現場から離れていたが、女子長距離の育成手腕は高い評価を受けていた。

    ノーリツは現在、過去3度の世界選手権出場の経験がある小崎まり(43)、20年東京オリンピック(五輪)の代表選考会「マラソン・グランドチャンピオンシップ」の出場権を持つ中野円花(27)らが所属する。前監督の森岡芳彦氏は1月末で退任していた。

    682: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/11(木) 22:45:06.37 ID:3OgKSErD
    >>676
    https://www.noritz.co.jp/company/about/sports/athletic/profile.html

    マジだったwww
    清田のノーリツへの移籍、待ったなしだなw
    安藤も東京への挑戦が失敗したら移籍するかもなwww

    688: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/12(金) 06:04:56.60 ID:cifwiGGG
    >>682
    双子の川上姉妹を成長させてほしい

    689: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/12(金) 10:30:34.08 ID:ZTEcttnM
    >>676
    ヒエッ・・・いままでどこの地下に隠れてたのさ~もぉ。
    ってか安藤さん、完全に移籍先失敗じゃないの?
    もう少し見守るけど。

    “【陸上】ノーリツ新監督に里内正幸氏 かつては安藤友香、清田真央を世陸へ”の続きを読む

    D3Ms8LrU4AEJROW
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/06(土) 05:08:19.63 ID:8MRL1/Zt9
    4/6(土) 5:00 スポニチアネックス
    川内 母校学習院大陸上部コーチ就任へ、実質ボランティアも快諾

     今月からプロランナーに転向した川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)が、母校・学習院大の陸上部アドバイザリーコーチに就任することが5日、分かった。関係者によると、プロ選手となったことで後援会などが依頼し、川内も快諾。川内は遠征が多いため常勤指導ではなく、アドバイザーという形で部員の相談に応じていくという。

     実質ボランティア的な役割だが、川内自身も以前から「陸上部から要請があれば考えます。海外でもメールで相談してくれたら答えられます」と意欲を見せていた。可能であれば、陸上部の練習にも参加するという。

     過去に学習院大で箱根駅伝出場を果たしたのは、07、09年に学連選抜でいずれも6区に出場した川内のみ。10月に行われている箱根駅伝予選会にはほぼ毎年顔を出すなど、卒業後も母校の応援を続けていて、現役選手たちにも人気が高い。関係者は「学生にもいい影響があるのではないか」と期待する。現在も6個の学内記録を持つ“レジェンド”が後輩のために一肌脱ぐ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000002-spnannex-spo

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/06(土) 05:09:20.72 ID:eldZ1LkA0
    学習院かぁ

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/06(土) 05:21:46.59 ID:Jt9dHgkw0
    もはやボストンマラソン優勝者だからなぁ

    36: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/04/06(土) 23:11:07.43 ID:opTX7jwQ0
    >>6
    WMMシリーズ6大大会のうち1レースでも優勝したの
    日本人で男女通じて川内優輝だけだしな
    ある意味現役日本人マラソンランナーの頂点に立つお人

    “川内優輝、母校・学習院大陸上部コーチ就任へ!実質ボランティアも快諾”の続きを読む

    このページのトップヘ