マラソン速報

マラソンやジョギングに関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。コメントお待ちしてます!

PICK UP!

             

    自衛隊

    DqkxOFxUwAIL_DQ
    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/28(日) 14:48:54.97 ID:CAP_USER9
     全日本50キロ競歩高畠大会が28日、山形県高畠町で行われ、男子の野田明宏(自衛隊)が3時間39分47秒の日本新記録で優勝した。従来の記録は2009年に山崎勇喜(自衛隊)がマークした3時間40分12秒だった。

     野田は昨年のユニバーシアード夏季大会の20キロで7位に入り、今年4月の日本選手権50キロ競歩を初制覇した。

    2018/10/28 13:29
    共同通信
    https://this.kiji.is/429120468555990113

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/28(日) 14:49:46.15 ID:qORhJ+vf0
    自衛隊かよ

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/10/28(日) 14:52:02.86 ID:VMt0wTos0
    競歩選手って自衛隊以外にもいるん?
    過酷すぎるよね

    “野田明宏(自衛隊)、50キロ競歩で日本新記録!3時間39分47秒【高畠競歩】”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/09/02(日) 21:35:40.26 ID:CAP_USER
    マラソン先導車と接触 選手軽傷
    (ほっかい道)

    7000002747_20180902190604_m
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20180902/7000002747.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    2日午前、空知の栗山町で開かれたマラソン大会で、先導役の大型バイクと選手の51歳の男性が接触する事故があり、この男性が転倒して軽いけがをしました。

    2日午前10時すぎ、栗山町共和の町道で、町の陸上競技協会が主催するマラソン大会で先導役を務めるサイドカー付きの大型バイクが、先頭を走っていた千歳市の自衛官、丸山浩司さん(51)と接触しました。
    警察によりますと、この事故で丸山さんは転倒して病院に搬送され、足の付け根のあたりに軽いけがをしました。

    バイクとサイドカーにはそれぞれボランティアとして参加した運転手の73歳の男性と補助役の17歳の男子高校生が乗っていましたが、2人にけがはありませんでした。

    警察によりますと、このマラソン大会では一定の区間ごとに複数のバイクが交代で先導にあたることになっていて、事故があったバイクは現場付近から先導を開始した直後だったということです。

    現場は田畑に囲まれた場所にある見通しのよい町道で、警察は事故の原因を詳しく調べています。

    マラソン大会を主催した栗山町陸上競技協会によりますと大会は昭和44年から毎年開かれていますが、こうした事故は今回が初めてだということです。

    協会の小林正理事長は「ランナーがけがをしたことは事実であり、今後は安全面にさらに配慮して大会を運営したい」と話しています。

    09/02 19:24

    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/09/02(日) 21:37:18.16 ID:E7pN6O2O
    いまだに軍閥と警察閥があるのかな

    3: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/09/02(日) 21:40:27.00 ID:6P/O6EA9
    安全運転義務違反の人身事故

    “トップの自衛官ランナー、先導の大型バイクに轢かれ搬送 くりやまマラソン◇北海道”の続きを読む

    680: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/08/30(木) 12:19:31.64 ID:zBraP0Mp
    金メダルおめでとうな
    まだ日本のメディアとりあげないけど…

    681: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/08/30(木) 12:42:44.83 ID:N8Q4C4s5
    インカレの頃から勝木応援してたから嬉しい
    東京五輪行けるかなあ

    2000: 以下、マラソン速報がお伝えします 2018/08/30(木) 00:21:09.75 ID:marasoku
    男子50キロ競歩、勝木が金 驚異の追い上げ

     【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、陸上の男子50キロ競歩が行われ、勝木隼人(自衛隊)が4時間3分30秒で1着でフィニッシュして、金メダルを獲得した。34キロ手前で歩型違反の警告を3人の審判員から受けコース脇に設けられた「ピットレーン」に入って5分間の足止めを受けたものの、驚異の追い上げを見せた。日本勢は2014年仁川大会(韓国)の谷井孝行(自衛隊)に次いで2大会連続の優勝となった。

     勝木は34キロ手前で歩型違反の警告を3人の審判員から受けた。それまでは丸尾知司(愛知製鋼)と並んでトップだったが、レース復帰時点で4番手まで順位を落とした。以前は警告を3人以上の審判員から受けると失格だったが、「足止め」は競技を続行できる救済措置でもある。

     ただし、4人目の審判員から警告を出されると今度は失格になる。厳しい暑さと闘い、歩型の乱れにも注意しながら粘った。勝木はアジア大会に初出場。遅咲きの27歳は「どのような状態に陥っても、すぐに元に戻せる」という調整力が強さの秘訣(ひけつ)だ。

    9_kyouho
    https://mainichi.jp/articles/20180830/k00/00e/050/305000c

    “男子50km競歩、勝木隼人(自衛隊)が金!失格寸前から大逆転【アジア大会】”の続きを読む

    93: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/07/24(火) 09:38:09.11 ID:Hsd/P+OA
    東京五輪まで2年/1 競歩・マラソン 手のひらに氷、体温調整

    9kyouho

     2020年東京五輪は猛暑が予想され、選手や指導者、サポートスタッフらは対策を講じている。酷暑と闘う競技現場の動きを追う。

     照りつける太陽、気温35度を超える暑さ。今夏も連日、猛暑が続く中、陸上男子50キロ競歩の荒井広宙(ひろおき)=自衛隊=は練習中に氷を握りながら歩く。「手に冷たい物を持つと、血液が冷えて体も冷えるんですよ」。16年リオデジャネイロ五輪で銅、17年世界選手権で銀メダルを獲得した荒井の暑さ対策の一つだった。

     日本陸上競技連盟は20年東京五輪も見据え、3年前から手のひらを冷却して血液の温度を下げる暑さ対策を競歩とマラソンで本格的に始めた。
    杉田正明・日本陸連科学委員長(日体大教授)が合宿で選手らに有効性を説き、「コアコントロール」と呼ばれる手のひらを冷やす機器も導入した。

     その威力を生かしたのがリオ五輪の荒井だった。午前8時のスタート時は気温22度だったが、日差しは徐々に強さを増した。厳しい暑さの中、荒井は給水地点で冷却用に置かれた氷に手を伸ばした。「序盤から極力、氷を取るようにした」。結果、カナダ選手との競り合いになった後半もバテず、日本競歩史上初の五輪メダルをつかんだ。現在は各チームの夏の練習でも浸透し、同じ種目で15年世界選手権銅メダルの谷井孝行(自衛隊)も「冷たい感じが得られるし、心拍数の上昇も抑えられる」と効果を実感する。

    https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180724/ddm/035/050/030000c

    101: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2018/07/24(火) 16:05:28.16 ID:MOatCEd4
    >>93
    まじかすげえな
    でも温度上昇が醜いのは脇などで測る体温ではなく、脳なんだよな
    脳さえ冷やせば、骨格筋は暑くても体は動くのよ。脳がオーバーヒートすれば全部停止するのよ。
    パソコンで言えばCPU。
    運動すると最も温度が上昇するのが脳。
    いかに脳を冷やすかがポイント。
    冷えた血液でも脳は冷却されるがもっと効率的ないい方法はないものか。

    ““手のひらに氷”でリオ五輪銅!競歩・荒井広宙の暑さ対策に注目”の続きを読む

    このページのトップヘ