マラソン速報

マラソンや駅伝、ジョギングなど陸上競技に関連する2ch記事やTwitterのまとめサイトです。いつもコメントありがとうございます。

注目記事

オススメ最新記事

             

    酒井俊幸

    802: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/03/01(金) 00:17:29.77 ID:+mUrPZZQ0
    佐藤さんが退任だって。これからスカウトどうなるんだろう。

    807: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/03/01(金) 01:25:07.83 ID:HrPyy7wV0
    「山の神」を見いだした東洋大の名スカウト佐藤尚コーチが退任

     第95回箱根駅伝(1月2、3日)で3位だった東洋大の佐藤尚コーチ(65)が任期満了に伴い、3月末で退任することが28日、分かった。名スカウトとして鳴らした佐藤コーチは、高校時代に全国的には無名だった「2代目・山の神」柏原竜二さん(29)や2016年リオ五輪で日本男子マラソン史上最年長代表となった石川末広(39)=ホンダ=らの才能を見いだし、東洋大に勧誘した。「東洋大で25年間、やれるだけのことはやりました」と充実の表情で話した。

     佐藤コーチは、高校時代には全国的な活躍はしていないものの潜在能力を秘めた選手を“発掘”する眼力を持っていた。柏原さんや石川のほか、リオ五輪男子マラソン代表の北島寿典(34)=安川電機=や埼玉・川口北時代はサッカー部員だった山本浩之(32)=コニカミノルタ=ら日本トップクラスに成長した教え子は多い。今年の箱根駅伝8区3位と健闘した鈴木宗孝(1年)も神奈川・氷取沢高時代は長距離部員が4人しかいなかったため、駅伝経験がない異色の選手だった。さらに「知将」と呼ばれる酒井俊幸監督(42)もかつては佐藤コーチが東洋大に勧誘した選手だった。「これまでたくさんの選手と出会った。その中には五輪に行ってくれた選手もいるし、酒井監督のように立派な指導者もいる。幸せな25年でした」と佐藤コーチは感慨深げに東洋大で過ごした日々を振り返った。

     4月以降の活動は未定。「まずはお世話になった全国の高校の先生方のあいさつ回りをさせていただく。ありがたいことに多くの方々に慰労会を開いてもらうことになっていて3月のスケジュールはいっぱいですよ」。大学駅伝界の名物コーチは満面に温厚な笑みをたたえて話した。

     ◆佐藤 尚(さとう・ひさし)1953年4月29日、秋田・平鹿町(現横手市)生まれ。65歳。秋田工高では800メートルの選手として活躍。72年、東洋大に入学後、マネジャーに転身。76年に卒業後、秋田で就職し、営業マンとして活動。94年に東洋大監督に就任。2002年からコーチ兼スカウト。09年、東洋大が初優勝した箱根駅伝では監督代行として指揮した。

    20190228-OHT1I50134-L
    https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20190228-OHT1T50182.html

    803: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/03/01(金) 00:25:42.29 ID:g307EwwZK
    佐藤コーチマジか…コメント見たらお疲れ様でしたと言いたいが…

    804: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/03/01(金) 01:04:48.79 ID:HOgff/Eu0
    佐藤コーチお疲れ様!佐藤コーチのスカウトは好きだったなぁ

    ““山の神”柏原竜二ら発掘…東洋大の名スカウト佐藤尚コーチが退任”の続きを読む

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/08(火) 20:55:29.27 ID:0z6k0Ifv
    順天堂のイケメンエースの26年後がこちらです。
    no title

    no title

    9: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/09(水) 02:35:09.69 ID:erk41uIl
    >>6
    うわぁ~本川さん変わりすぎ

    14: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/09(水) 22:29:39.49 ID:2kis42ZS
    >>6
    見るんじゃなかった。イケメンがこんな中年のオッさんになるなんて(´-`).。oO

    “【悲報】箱根駅伝・順天堂大のイケメンエース、26年後の姿がこちらです”の続きを読む

    1: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 22:10:11.66 ID:CAP_USER9
    「箱根駅伝・復路」(3日、神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場~大手町)

    2年連続の往路優勝を果たした東洋大だったが、往路に主力をつぎ込んだ影響もあり、復路は全体5位のタイムと低迷。特に9区では中村拳梧(4年)が区間19位、10区大沢駿(2年)が区間10位と失速。往路終了時点で5分30秒差あった青学大にも逆転を許し、3位に終わった。

    11年連続3位以内は守ったが、上位2校と比べ層の薄さを露呈した。酒井俊幸監督は「9区、10区でミスが出ると勝てない。紙一重で戦っているが、大きな力の差を感じた。チームとして受け止めないといけない」と、完敗を認めた。1区で2年連続の区間賞を獲得した西山和弥(2年)も「甘くなかった。力負けだと思う。層の厚さの部分が出た。今年は総合優勝を狙っての3位なので悔しい」と、唇を噛みしめた。

    卒業生のマラソン前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)、昨年12月の福岡国際マラソンで日本人14年ぶりの優勝を飾った服部勇馬(トヨタ自動車)らが東京五輪に向けて結果を出しつつある中、母校も“鉄紺”のプライドを示したい。指揮官は「何度も跳ね返されているが、何度でも何度でも諦めない」と、逆襲を誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000091-dal-spo
    1/3(木) 19:20配信

    no title


    2: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 22:10:37.15 ID:OHb3qFW/0
    東洋の悲劇

    5: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 22:16:15.76 ID:KjwvS/eY0
    復路の青学とは逆に往路にに選手集めすぎでは

    6: 名無しがマラソン速報をお伝えします 2019/01/03(木) 22:18:00.57 ID:jVx/9+am0
    うんうん、中途半端に3位で終わるより往路に全力のほうが目立っていいよ

    “【箱根駅伝】往路Vから大失速…3位の東洋大・酒井監督「大きな力の差を感じた」 ”の続きを読む

    このページのトップヘ